2013年06月17日

アロマセミナー終了報告、


 今日も暑くなっている四万十川中流域です。
研究室内の気温も32.2℃と蒸し暑い状況になっています。

 今回は6月14〜15日に実施した「四万十川香りの町アロマセミナー」終了報告です。

 ご参加頂いた皆様、 ご協力頂いた皆様

   本当にありがとうございましました。 
 事故も無く、あまり大きなトラブルも無く無事終了する事が出来ました。

  来年もこの時期に同様なイベントを考えていますので宜しくお願い致します。


 と言う事で、

反省点も含めて、今回のイベント実施報告です。

※6月14日
 ・受付(15:00〜17:00)
 四万十オートキャンプ場ウエル花夢のチェックイン時間に合わせて受付を行いました。
事前にご宿泊の皆さんの部屋割りを完了していたので、ほぼトラブルも無く受付を終了する事が出来ました。早めにご到着された皆さんの中には周辺を散策されたり、近くの大正温泉に行き入浴された方もいたようで有効に時間を使って頂けたようです。

 ・バス移動(17:30〜18:10)
 ほぼ時間どおりに集合して頂けスケジュールのとおり移動する事が出来ました。
移動するバス内で今回のイベントのスケジュール確認など若干お時間を頂き「香りの町」についての説明などをさせて頂きました。
 大正地域北部に向かうために利用する国道は、このブログでチョクチョク話をする「国道439号線」(酷道ヨサク)です。途中までは2車線の普通の道ですが・・・
今回、乗車された皆さんもこの道路の事はご存知の方も多く、
 途中で国道標識を写す撮影会も行われました。

 ・ホタル見学屋形船(18:30〜21:00)
 乗船後、早速お料理の説明をして大本千佳先生の乾杯の音頭で高知県の名物「さわち料理」で宴会の開始です。
 一旦屋形船を上流部に進めて森林鉄道跡を利用した「ウォーキングトレイル」(遊歩道)のアーチ状の「めがね橋」をご覧になって頂き、ホタルの鑑賞ポイントに向け下流に下って行きます。
屋形船の座敷から夕暮れ時の外の景色を眺めながらゆっくりと船は下って行きました。丁度、川沿いには少し靄がかかり原生林が残る山の樹木と共に幻想的な雰囲気を醸し出していました。
19:30頃から暗くなってきてあちこちで少しずつホタルもチラホラ見えてきて20:00頃にはすっかり暗くなりホタル観賞ポイントに行きホタルを見学する事が出来ました。
 今回は、ホタルの群舞にはお目にかかる事が出来なかったのが少し残念でした・・・

 ・宿泊先のウエル花夢に(21:00〜21:40)
 皆様がバスにご乗車してから、出発時に
「国道に降りてくる鹿が見えるかもしれません」とご案内していたのですが
今回は、一瞬「ハクビシンかタヌキ」のような小動物を見る事が出来たのと「鹿(小鹿)」は5〜10秒程度ヘッドライトに照らされる姿を確認する事が出来ました。

 ・ウエル花夢でご宿泊
 屋形船での「皿鉢料理」の残りを折に詰めて頂き夜食用にお持ち帰り頂きました。
天然の鮎やウナギ・川エビやサバの姿ずしなどなどお夜食としては少しヘビーだったかもしれません・・

※6月15日
 ・ウエル花夢で朝食(7:00〜8:20)
 当初の計画では大正温泉さんで朝食予定としていたのですが、急に変更となりウエル花夢ラウンジまで出張して頂き移動せずに朝食が出来る事になりました。
以下、今回のイベントで私が唯一写せた画像です。

130617-01.jpg
ウエル花夢ラウンジでの朝食(6月15日)


 ・エコロギー四万十へ移動・見学(8:20〜9:30)
 オートキャンプ場ウエル花夢からバスで約10分移動して頂きエコロギー四万十で植物精油抽出の仕込を見学して頂きました。
 今回はユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)とショウガオイル(しょうが油・ジンジャーオイル)の2種類の原材料から精油を取るための準備作業と装置をご覧頂きました。
 残念ながらヒノキオイル(檜オイル・ひのき油)の抽出については装置だけを説明させて頂きました。

 ・大本千佳先生のアロマセミナー(10:00〜12:00)
 また、バスで移動して頂きウエル花夢ラウンジでアロマセミナーを実施して頂きました。
今回は高知県内の馬路村農協さんの「柚子種子油」を購入させて頂き、柚子種子油を利用てキャリアオイルとしてマッサージオイルなどの利用法を紹介して頂きました。
高齢者などの皮膚が乾燥してしまうのを防ぐシットリとしたマッサージオイルでの効果的なマッサージ方法等、どれも私にとっては新鮮で もっと多くの地域の医療関係者や福祉等の関係者の皆さんに聞いて頂ければよかったと思います。

130617-02.jpg
沢村先生などのシードオイルの基本特性論文


 予定どおり、全てのメニューが時間どおり順調に終了する事が出来ました。

※イベント後のアフター
 時間が若干とれる皆さんに残って頂き、
 昼食を焼き肉屋で済ませて、地元の無手無冠酒造さんの酒蔵見学を行いました。
無手無冠酒造の杜氏である松田さんにご案内頂き酒造り・ダバダ火振りの焼酎造りを工場見学させて頂きました。(ダバダ火振りを地元で購入するとお一人様2本までですが結構安い値段で購入できます)
また、その後は無手無冠酒造さんの「焼酎銀行」も見学されたようです・・

 四万十町大正には、ひのきの香りの集成材工場・地元の名酒「ダバダ火振り」の無手無冠酒造・各種植物精油抽出のエコロギー四万十と四万十川を代表する香りに出会う事が出来ます。

 今回は、私の準備不足で

若干ご案内が遅れてしまい、高知県内の参加者が少なかったのが残念です。(特に地元は・・)

次回のアロマセミナーはこのような事が無いように地元にももう少しPRして

 アロマの世界を身近に感じて頂きたいと思います。

 この秋には、別な形で「香りの町」ご案内が出来るようにも考えている所です。

   遠い 四国の山の中 ですが  是非また 宜しくお願い致します。




 
posted by エコル君 at 17:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月13日

梅雨の中休み?


 昨日から急に気温が上がり真夏のような天気に恵まれている四万十川中流域です。
「四万十川香りの町アロマセミナー」イベントの開催が危ぶまれたのですが、昨日から四万十川中流域は天気がすっかり回復して何とか屋形船でのホタル見学も実施できると思われます。

 イベント参加の皆様、天気の方は大丈夫そうですのでご安心下さい。ただ、天気予報によると若干にわか雨の心配もあるようです。雨が多いのも四万十川ですのでご了承ください。

 ただ、日中は30℃を超える真夏日となると思われますが
朝・晩は山の中の事です。肌寒くなる時がありますので一枚余分に上着をご準備ください。

130613-05.jpg
快晴の今朝の青空(6月13日9:30頃)


 さて、5月後半の梅雨に入ったころからエコロギー四万十では植物精油抽出の切り替え準備に入っていました。
例年はもう少し早く切り替えとなっていたのですが、今シーズンはご注文を多く頂け若干ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出が長引いていました。

 この関係で、他社から依頼される植物精油抽出委託開始がすっかり遅くなってしまい。皆様にご迷惑をおかけした所です。

梅雨に入った時期から四万十川中流域では雨の日が多くなり鬱陶しい天気が続いていました。
ただ、昨年10月から続いていたユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出では無く、違う柑橘類や植物からの抽出がスタートしたことで香りもリフレッシュされ作業は順調に進んでいる所です。

130613-01.jpg  130613-02.jpg
他社から委託された柑橘果皮


 上記の画像は、柑橘類の名前は出せないのですが非常に良い香りのする柑橘で4〜5年ほど前から抽出実験をしていたものです。今年も爽やかな香りの精油に仕上がり抽出率もまずまずの成績で非常に良かったです。

 これ以外にもこの間、ぽんかん・こなつ・みかん等の果皮から精油抽出を行いました。
どれも、なかなか個性的で良い香りになっています。

 こなつ精油については、以前にも少し記入したのですが
原料となる小夏果皮を十分集める事が出来なかったので卸での出荷は出来ない状況にあります。
来年は、間違いが無いように小夏果皮調達に努めますので、本年はお許し下さい。

梅雨の中休みで昨日から良い天気となり暑くなっている四万十川中流域です。

いよいよ夏に向けてのショウガオイル(しょうが精油・ジンジャーオイル)抽出がスタートします。

130613-04.jpg  130613-03.jpg
ショウガオイルの原料となる生姜バイオマス


例年、夏場に地元の生姜から精油を抽出するのですが
如何せん、抽出率はあまり良くなく大した量の生産が出来ないのが現状です。
ただ、日本一の生姜の産地として夏場の生姜抽出は今後も続けていく予定としています。

ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出もまだまだ7月上旬まで続く予定となっています。

暫くの間、研究室内には柚子の香り・生姜の香り・ヒノキの香りと四万十を代表する和の香りが漂っている事と思われます。

 梅雨の中休みの晴天です。

山の緑と四万十川の流れ 小鳥たちのさえずりに包まれて

 もう暫く エコロギー四万十は フル稼働で 進んで行きます。

 
 
 




posted by エコル君 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月05日

四万十川香りの町アロマセミナーその2


 今日も少し曇り空の四万十川中流域です。
昨日は晴れ間も見え気温もどんどん上がって30℃を超える暑い日になったのですが、今日は今の所少し肌寒くなっています。

 昨夜はサッカーワールドカップアジア予選  力が入りました。
ハラハラドキドキで最後までTV観戦で熱くなっていた所です。
これで、来年のワールドカップも楽しみに見る事が出来ます。 おめでとう日本代表!!

 さて、前回に引き続き「四万十川香りの町アロマセミナー」の話しです。

 今回は、四万十川の最後の秘境と呼ばれる大正地域北部の下津井地区で屋形船を利用したホタル見学と交流会が大きなイベントの一つになるのですが、屋形船の定員の関係で皆様にご迷惑をおかけしています。

 前回、公開して一般の皆様からも問い合わせなど頂く事が出来ました。
高知県内の反応はいつものように、今一つの状況ですが・・・  ありがとうございます。

 今回は画像を交えて宿泊施設等のご紹介と交通アクセスです。

まずは、集合場所とご宿泊頂く「四万十オートキャンプ場ウエル花夢」です。

130605-01.jpg
今回のご宿泊箇所 四万十オートキャンプ場ウエル花夢ケビン


 6月14日の集合時間はウエル花夢のチェックイン時間に合わせて15:00〜17:00としています。
直接、お車でお越しの際は以下の地図で場所をご確認下さい。

130605-02.jpg  130605-03.jpg
四万十オートキャンプ場ウエル花夢位置図


航空機・JR列車をご利用の皆さんは、JR窪川駅までお迎えの準備もしています。
受付時にご相談ください。

 屋形船でのホタル見学と交流会
貸し切りバスにご乗車頂き17:30分にオートキャンプ場ウエル花夢を出発して下津井地区に移動します。

130605-04.jpg
ホタル見学に行く下津井地区


 上記の地図を思い出して頂くと分かるように国道439号線でウエル花夢から梼原川を上流部に上って来ます。(梼原・天狗高原方面)距離的には大して離れていないのですが、若干道が狭くなり「四万十川の秘境」に移動していきます。
 上記の写真のとおり昔の森林鉄道跡のメガネ橋等が残る静かで落ち着いた所がホタルの見学に向かう屋形船乗船場所になります。

 21:00までホタル見学と夕食・交流会を行う予定です。

翌日の6月15日は、
少し朝が早いのですが、7:30にバス移動して近くの大正温泉で朝食をとる予定としています。
その後、15分程度移動してエコロギー四万十で精油抽出の蒸留を見学します。

130605-05.jpg
過去の見学イメージ


 その後、またウエル花夢に移動して
10:00より日本アロマセラピー学会 大本千佳先生によるアロマセミナーを行う予定としています。

130605-06.jpg
ウエル花夢ラウンジとセミナーイメージ


 今回のセミナーでは、馬路村農協が販売する「柚子種子油」とエコロギー四万十のゆず精油を利用したマッサージオイルなどの講習も行って頂く予定としています。

 エコロギー四万十が興味のある「高齢者」向けの香り利用などの話しもして頂く予定ですので興味のある皆様は是非ご参加ください。

 時間の関係で、交流会には参加できないと言う皆様も多くいるようです。

温泉で宿泊したい。朝はゆっくりしたいのでアロマセミナーだけ参加したい。

などなど、色々なご相談を頂きます。

エコロギー四万十のイベントですので「何でもありの我がまま言い放題です」

 事前にご相談頂ければ対応させて頂きます。

最終締め切りは6月10日となっております。  ご検討ください。

 
 
 

 
posted by エコル君 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2013年06月03日

四万十川香りの町アロマセミナー


 早くも6月に入りました。
梅雨入りしてぐずついた天気が続いている四万十川中流域です。
今は雨が止んでいますが若干、四万十川の水量も増えているような状況です。

6月1日には四万十川中流部の鮎漁も解禁となりました。
若干水量は多かったのですがこの土日は「鮎の友釣り」ファンの皆様も多く見る事が出来ました。

 「鮎の火振り漁」の解禁は例年どおり7月15日の予定のようです。

 さて、今回は
遅れに遅れてしまった「四万十川香りの町 アロマセミナー」イベントの参加者募集の話しです。
(多分、2回にわたってこの話は記入する事になると思います)

 昨年の暮れ頃より準備を進めてきて、2月には大阪まで出張して大枠を決めたこのイベントですが、最終の準備に手間取り、告知・募集がすっかり遅くなってしまいました。

 今回は、イベント内容と日程等についてのご紹介予定としています。
(詳しい話は多分次回に・・・)

130603-01.jpg  130603-02.jpg
四万十川香りの町アロマセミナーチラシ(イメージ)
(チラシ・申込書PDFはこちらをクリック → H25セミナー募集(チラシ・申込書).pdf


 上記の画像は、今回のイベント募集用のチラシの画像ですが、PDFに申込書も添付してあります。

以前から「四万十川香りの町ツアー」と称して何回かイベントを行い、四万十川のひのきの香り「大正町森林組合集成材工場」でヒノキ材利用の木工加工品や家具など、「ダバダ火振りの栗焼酎」で知る人ぞ知る無手無冠酒造」の見学と言うツアーを行っていましたが、

 本年からは5年計画で、いつもお世話になるアロマ関係の団体や協会・企業・個人の皆様にアロマセミナーをお願いして四万十川中流域の自然と自然な香りの各種精油類をPRしていきたいと考えました。

 さて、今回は
日本アロマテラピー学会 大本千佳先生(理事、看護学会長)のご協力を得てアロマセミナーを行う予定としています。

※主なスケジュールは

1) ご宿泊・交流会(ホタル見学会)
 ア) 日時: 6 月14 日(金曜日)
  ・宿泊施設(オートキャンプ場ウエル花夢) (17:00 までに必ず集合して下さい)
     (チェックイン15:00〜 出発予定17:30 予定)

  ※オートキャンプ場ウエル花夢ご宿泊注意点
    @ ご宿泊頂くウエル花夢ケビンは4〜6 人定員となっています。事前にご利用頂くケビンの部屋割りを行わさせて頂きます。

    A オートキャンプ場ですのでホテルとは違いパジャマ・浴衣等・洗面道具等の準備は行っており
ません。事前にご準備ください。

(17:30 よりバス移動(約0:40)


  ・下津井ホタル見学と屋形船での懇親会(18:30〜21:00 頃予定)
 四万十川の最大支流である梼原川(ゆすはらかわ)の上流部下津井地区(四万十川最後の秘境と呼ばれている地域)に移動し屋形船で蛍(ほたる)見学とお食事を行って頂きます。


(21:00 よりバス移動(約0:40)

・ケビンでのご宿泊(21:40〜 )
事前に柚子蒸留水をご用意します。ユニットバスですがゆず風呂にご利用ください。


イ) 日時: 6 月15 日(土曜日)
 ・朝食(7:30〜8:20 頃予定)
ウエル花夢付近にある大正温泉に移動し朝食とします。(7:30 バス移動 約0:05)

(8:20 バス移動 0:10)

 ・精油抽出現場見学(8:30〜9:30 予定)((株)エコロギー四万十 研究所内)
  エコロギー四万十内で実際の植物精油抽出時の仕込み準備を見学して頂きます。
    抽出概要説明(参考)
      ※柚子精油抽出の仕込み作業をご覧頂きます。
      ※ショウガ精油抽出仕込み作業をご覧頂きます。
      ※抽出のための作業概要等を説明します。

(9:50 バス移動 0:10)

アロマセミナー1(10:00〜12:00 予定)
   (ウエル花夢ラウンジ)
   オートキャンプ場ウエル花夢ラウンジに移動し、大本千佳さんのアロマセミナーを実施します。

上記のような内容となっています。

 今回の目玉は、大本千佳先生のアロマセミナーになるのですが

もう一つ、

 「四万十川最後の秘境」と呼ばれる四万十川最大の支流である梼原川(ユスハラガワ)上流部の大正地域北部にある下津井地区で屋形船を利用した「ホタル見学と懇親会」となります。

 私もUターンして帰省した最初の夏にこの地域の屋形船でホタルを見た時には非常に驚きました。

光り輝いて飛ぶホタルと湖面に映るホタルの明かりが重なって凄く幻想的な世界に入った時の記憶です。

近年は若干ホタルの数が減ってきているとの事ですが

 あんなにホタルが舞い飛ぶところは水がきれいだと言われる四万十川流域でも無いと思われます。

是非この機会に、皆様のご参加お待ちしております。

大変ご案内が遅くなって申し訳ありません。

 定員が少ないので 万が一 お断りする事になるかもしれませんが

  是非ご連絡お待ちしております。

  
次回は、画像付きで会場等のご紹介と

 交通アクセスなどを記入したいと思います。 次回もまた是非ご覧下さい。



   
 
posted by エコル君 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報