2013年08月30日

柑橘精油の保存について、


 今日は朝からムシムシと暑い日になっている四万十川中流域です。
お盆を過ぎて朝晩は過ごしやすくなってきたのですが、昨夜から台風15号(コンレイ)の影響か朝晩も蒸し暑くなっています。

 今週の頭(8月26日月曜日)には未明から梅雨明け以来初めての雨らしい雨がふり朝晩は少し肌寒いほどの気温になっていたので、今の蒸し暑い状態は非常に不快に感じられます。

130830-01.jpg
今日の四万十川(8月30日 上岡沈下橋(向山沈下橋)


 上記画像は久しぶりの沈下橋画像ですが、
今週頭の雨も大した雨量では無く四万十川も大きな増水はありませんでした。
日本海側や東北・北海道あたりでは、豪雨災害も出るほどの雨が降っているようです。
今回の台風も非常に心配があります。皆様、お気を付け下さい。

 さて、今回のテーマですが
以前記入した「柑橘精油の光毒性」についてのご質問と共に、よく問い合わせがある「柑橘精油の保存について、」の話しです。(光毒性については「2013年07月06日柑橘精油の光毒性について、」をご参照下さい)

 ご存知のように、柑橘類から抽出した植物精油は非常に酸化が早く、直ぐに香りが変化してしまいます。
そこで、今回は高知大学農学部 柏木丈拡准教授(元:科学技術振興機構研究員)の論文から引用させて頂き保存等に関しての話になります。(この話は2009年06月05日研究成果報告書の内容の一部からの引用です)

 エコロギー四万十より精油類を送付する場合(5ml・10mlのエッセンシャルオイルでは無く、小ロットに対応した精油販売時)、基本的には香料送付用の輸送用スチールボトルを利用しています。
これは、海外輸出時にも利用される密閉度が高く強度もしっかりと確保された専用容器になります。

 ただ、このスチール製のボトルは輸送容器のため長期に保存する時はガラス製の容器に移し替えて利用頂く事をお勧めしています。この部分も是非、気に留めて頂けるとありがたいです。

さて、柑橘精油の経時変化の話しに戻りますが
私達が製造販売する各種植物精油は全て水蒸気蒸留法(一部、超音波利用含む)で抽出しています。蒸留法の良い所でもあり弱点にもなっている所は、不純物がほぼ含まれないと言う事です。

 柏木先生の論文ではゆず精油の時間経過による変化や保存温度による変化・保存方法等について詳しく研究されているのですが、今回は時間経過による変化(経時変化)についてのグラフを利用させて頂きます。

130830-02.jpg
柏木先生の「柚子精油の室温での成分経時変化と保存法の検討」より


上記の画像は「柚子精油を4 ml 褐色スクリューバイアルに1 ml とりわけ、ふたをして25 oC のインキュベーター中で静置した。1 週間に一度ふたを開けバイアル中の空気を入れ換えた。この試料を五本作り、それぞれ1週目、2 週目、3 週目、4 週目、8 週目、12 週目に50 μlサンプリングし、アセトンで20 倍に希釈しGC-MS で分析した。」ものと言う事です。

 ご覧頂いて分かるように、常温では一週間目から変化を見る事が出来ます。
3週間経過したものになると、素人の私の鼻で嗅いでも変化が分かるほどになって来ます。
4週間以上経過すると全くユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)は違うものに感じてしまうほどです。

 現在、エコロギー四万十で販売するエッセンシャルオイル類の取扱説明書には

「開封後は4℃以下で保存し半年以内を目安に使用ください」と記入しているのですが

長期間ご使用をお考えの皆様にはいつも「冷凍庫に保存して下さい」と話しています。

何も混ぜ物のない100%の植物精油ですので決して凍る事はありません。

冷凍庫に保存して頂ければ成分変化はほぼありませんのでご安心下さい。

上記でも記入したとおり、成分変化が早い欠点があります。

お手間ですが こまめな保存宜しくお願い致します。







(3) 
posted by エコル君 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月19日

2013年後半戦本格的スタート


 毎日、暑い日が続いている四万十川中流域です。
全国的に見ると東北・北海道では局地的に豪雨で被害も出ているようです。とんでもない雨が局地的に降るようですので 
 皆様、夏の天気にご注意下さい。

 お盆休暇も終了していよいよ2013年も後半戦本番が開始です。
お盆休み前の8月10にはお隣の四万十市西土佐地区(旧西土佐村 江川崎)では40.7℃を記録し日本で一番熱い夏になったようです。その後も天気は続きお盆休暇中は猛暑日(35℃以上)となる日も多くありました。

 西土佐地区より少し上流部にあたる我が町(四万十町大正地域)も土曜日(8月10日)から連続して35℃前後の気温になっていました。昨日は明け方に少し雨が降ったようですが、朝になって天気が回復しいつものように熱い一日となりました。(昨日は「あゆ祭り」でした。)

 このブログでも何回か記入したのですが、今年は梅雨明け以来(7月8日)雨らしい雨は降らず四万十川の水量もどんどん減ってきています。
 そろそろ本格的な雨が欲しい所ですが・・ 

 さて、エコロギー四万十の近況報告ですが、

 私事ですが、7月後半の作業中に腰が「グギ!」と鳴って急に腰が痛くなり立ったり座ったりの動作が非常に苦痛になっていました。8月前半の「四万十川かっぱの日イベント」等で少し無理をしたため、ますます腰の具合が悪くなり非常につらい日々が続きました。

 お盆休み中に、ほぼ更新が止まってしまったエコロギー四万十のホームページ更新を行おうと思っていたのですが、椅子に座るのも苦痛になるため、今回は全く手を出すこともできませんでした。

 ただ、この2〜3日続けてきた
ゆずエッセンシャルオイルとしょうがエッセンシャルオイルのブレンド(ゆずジンジャー)での入浴&マッサージで 昨日頃より、腰の方も少し回復し何とか通常の業務をこなすこともできるようになって来ました。

130813-03.jpg
ゆずエッセンシャルオイルとしょうがエッセンシャルオイル


 ショウガオイル(しょうが油・ジンジャーオイル)には発汗作用等がありアロマヨガの皆さんやマッサージ利用の皆さんから少し話を聞いていたので、今回はものは試しと初めて本格的に利用してみました。

ショウガ精油だけでは生姜の臭いがきついので、柚子の香りでブレンドしてあまりプンプン生姜の臭いを感じない程度にしたのですが、少しは効果があったようです。

 今日は椅子から立ったり座ったりしてもほぼ問題が無くなってきています。

エコロギー四万十の業務も本日より通常業務に戻っています。

今週は、北海道(札幌)のお客様と東京からお客様が来られるようになっています。

来週からは、「青みかん」からの植物精油抽出がスタートします。

ショウガ精油の抽出ももう暫く続く予定となっているので、蒸留装置ももう暫くフル稼働状態が続く予定となっています。

少し心配なのは、今年のユズの生産状況です。

130813-01.jpg  130813-02.jpg
エコロギー四万十の柚子


 高知県内はどこも少雨状況のようですので柚子の生育状況が心配になります。
上記の画像はエコロギー四万十の柚子の木ですが、以前記入したように
今年は春先に多くの花が咲きすごく期待していました。ただ、何回も記入しますが雨が全く降らないので少し柚子の青玉も痛みが見受けられるようになってきています。

 エコロギー四万十の柚子は素人が育てているので参考にならないのですが
9月に入ったら各地域を訪問させて頂き、今年のユズの出来を確かめてきたいと思っています。

 今年は多くのユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)のご注文を頂け、昨年9〜10月の原材料確保時に少し苦労したのですが、この状況が続きゆずが不作になると非常に困った状況も考えられます。
ご協力頂く生産者の皆様、宜しくお願い致します。

 また、お取引頂く皆様、

いよいよ2013年後半戦の開始です。来年度の需要調査、今年は少し早く9月に入りましたらまたお願いするようになります。皆様、宜しくお願い致します。

 四万十川中流域もお盆を過ぎて朝晩は少し涼しくなってきましたが、日中はもう暫く暑い日が続くと思われます。

2013年後半戦、本格的スタートです。

 今後ともエコロギー四万十宜しくお願い致します。

 
  

posted by エコル君 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月05日

8月8日は四万十川かっぱの日


 梅雨明け以降、一か月近く全く雨の降らなかった四万十川中流域ですが昨日のにわか雨に続き今日も先ほどから雨が降って来ました。この雨も15:00頃には止みそうですが、今日の雨は水滴も大きく少し本格的に降っています。四万十川下流部の皆さん、この雨で四万十川も少し増水するかもしれません。ご注意下さい。

130805-03.jpg
敷地内の柚子の木に恵みの雨です


 さて、今回は「8月8日は四万十川かっぱの日」です。

2011年(平成23年)に海洋堂ホビー館四万十がオープンして、四万十町大正地域の住民の皆さんと「四万十川かっぱ王国」を設立しました。同時に同年8月8日を「四万十川かっぱの日」に制定し、この2年細々と手作りのイベントを行い。海洋堂カッパ館と共に四万十川にかっぱ文化を何とか作って行きたいと思っている所です。

 今年ももう直ぐ四万十川かっぱの日となります。
そこで、今回はかっぱの日イベント情報です。

 例年予算も無く、裏方のスタッフも少ない中このイベントに向けて3回の会議を行ってきました。
今回は、以下のスケジュールでイベントを考えていますので
海洋堂ホビー館・カッパ館の見学がてら是非四万十町大正地域商店街にも足をお運びください。

■ きらら大正で・・
 今回は大正地域コンベンションホール「きらら大正」をお借りして、
7月末に東京で行われたワンフェス2013夏で展示された海洋堂カッパ館の「木彫りかっぱ」を数十体お借りして「きらら大正」に展示します。また、数体を大正商店街に配置して「ハートカッパを探せ」のプログラムを行います。
 イベント名:8月8日は四万十川かっぱの日 かっぱの日を楽しもう!
 日時:平成25年8月8日 11:00開場
 場所:四万十町大正地域コンベンションホール「きらら大正」
 イベント内容:木彫りのかっぱ見学とかっぱ巻きを作ろう!

※参加者には海洋堂ホビー館四万十・海洋堂カッパ館共通チケット(@1,100円)をプレゼント
  (ご参加の受付は事前に四万十町商工会大正支所(0880-27-0238)までお申込み下さい)

 
 イベント名:ハートカッパを探せ
 日時:8月8日12:00〜14:00
 イベント内容:四万十町大正地域商店街にあるハートマーク付き木彫りかっぱを写メに写し(3体以上)受付で確認してもらうと無手無冠酒造さんより素敵な景品をプレゼントします。

また、同時開催で海洋堂カッパ館前広場にて

 恒例のかっぱの絵付け体験も行います。(10:00〜 無くなるまで・・)

130805-04.jpg  130805-02.jpg
昨年イベント時の皆様に描いて頂いたかっぱの絵


130805-01.jpg


8月8日、海洋堂カッパ館にお立ち寄りの際に是非

 四万十川中流域に足跡を残して下さい。(絵を描いてください)

この3年で皆様のかっぱの絵が徐々に増えてきました。

8月8日は「四万十川かっぱの日」です。

 旅の記念に  ご参加頂けると 幸いです。   皆様、宜しくお願いしま〜〜す。


 
 
posted by エコル君 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2013年08月02日

8月に突入、、


 毎日暑い日が続いている四万十川中流域です。
先週は出張や会議が続きブログ記入も滞ってしまいました。申し訳ありません。

 山陰地方や東北の方では局地的な豪雨で被害も出ているようですが。梅雨明け以来、まともな雨が降っていない四万十川中流域です。四万十川の水量も目に見えて減ってきています。畑や田んぼも水不足で少し心配になっている所です。

130802-03.jpg
柚子の実も少し大きくなりました。


 エコロギー四万十の敷地内にある柚子の木にも柚子の実が少しずつ大きくなっているのですが、雨が降らないため水不足で枝の上の方の葉も少し傷んできているようでした。
 そこで、昨日は谷水をくみ上げて強制的に柚子の木に水やりを行いました。

130802-02.jpg  130802-04.jpg
柚子の木へ散水


 日中のあまり暑い時では、枝葉が煮えてしまう心配もあるため
少し日が傾いた夕方に、谷水をポンプでタンクに溜めて柚子の木の根元に散水する事としました。
これで少しは柚子の木が元気になってくれるといいのですが・・・

 昔聞いた話ですが、
植物に水やりを行うようになると、癖になるので続けないと悪影響もあるとの話です。
これから2日1回、雨が降るまで続けなくてはと考えています。 いつまでつづくやら・・・

 さて、少し話は変わりますが

7月31日〜8月1日は地区の大祭でした。夏の祭りは7月31日の夜祭が中心で
昔は多くの露店も立ち並び結構賑やかなこの地域としては比較的大きな祭りでした。
残念ながら近年は露天商も減ってきて少し寂しい祭りとなっているのですが、それでも私達を含め地域の子供たちは楽しみなお祭りとなっています。

 昨日は、本祭と言う事もあり お手伝いに参加してきました。

130802-05.jpg
お社に収められた神輿(熊野神社)


私たちの役目は、神社に収められている神輿を担いで四万十川と梼原川の合流部である神社下の河川敷に神輿を移動する役目です。
 
130802-06.jpg  130802-07.jpg
杉の大木に囲まれた河川敷にて

 
 数年前、旧大正町の時代に最後に制作された「大正町史」を作る時に町史編纂委員・編集委員として参加している時に詳しく見て以来、久々にわが町の伝統行事や祭事を体験する事が出来ました。
何とか次の世代にも繋げていきたいものです・・・

 エコロギー四万十は、地域住民の皆様から出資されてできた会社です。

地域に産業を作って雇用の場を確保すると共に交流人口を増やす取り組みが私たちの使命だと思っています。

 何とか、この数年で足場が出来つつあり 海外からもお客様に来て頂けるようになって来ました。

自然エネルギー利用はまだまだ何もできていないのですが、

採算性を保つ取り組みは、何とか軌道に乗って来ました。

今後も地域の会社として、地位資源を活用し  資源循環型産業の構築に向け取り組んで行きたいと

考えています。

 まだまだ、歩みの遅い取り組みですが 皆様、今後とも宜しくお願い致します。



posted by エコル君 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記