2014年12月17日

ゆず風呂の季節、


 今日も朝から寒くなっている四万十川中流域です。
何と、、朝起きて窓の外を見ると雪が積もっていました。
年に2〜3回程度 四万十川中流域でも積もる事はあるのですが時期的には少し早いような気がします。
昨日の天気予報で「強烈な爆弾低気圧の影響で全国的に荒れ模様」と言う情報は得ていたのですが、今回の積雪は少し驚いています。(前回の雪とはレベルの違う積雪でした)

141217-03.jpg
雪の積もった四万十川(12月17日6:50頃)


141217-01.jpg  141217-02.jpg
会社の周りも雪で真っ白でした


 と言う事で、

毎年恒例の「ゆず風呂」についての記入となります。

何度もこのブログでユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)ゆずエッセンシャルオイルを利用したゆず風呂の話しを記入しています。
この時期になると全国からメールやお電話でのお問い合わせも良く頂くようになるのがゆずエッセンシャルオイルの効果効能やら使い方の話しになります。

いつも記入するようにエコロギー四万十で生産する植物精油類は全て地域で生産される植物から蒸留法による製法で抽出する「雑貨品」扱いの精油類になります。
効果効能についての記入は直接的には出来ないのですが、日本人にはありがたい事に湯船に浸かると言う習慣が昔からあります。

 冬至にゆず湯(今年の冬至は12月22日です)は古くからの日本人の知恵です。
本格的に寒くなる季節に入る日と言う事で、この日にゆず湯に浸かると風邪をひかないと言われています。なかなか柚子の果実を直接入れてと言う事は現代人では難しいのかも知れませんが、私達がゆず果皮から抽出するユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)は手軽にゆず風呂を再現する事が出来るエッセンシャルオイルとなります。

141217-05.jpg
特許製法で作られる夢音香(ゆめおとか)ゆずエッセンシャルオイル


 いつも記入する事ですが、私はこの時期からほぼ毎日ゆず・ひのきの香りで入浴するようにしています。特に今日のような非常に寒い日はゆず風呂が適しているように思います。
香りに癒されて、ポカポカ効果(リモネン作用でしょうか?)で暖かくして・・・
風呂を出てからのポカポカ効果は確かにあるように感じています。

141217-04.jpg
既存製法で抽出した四万十のゆず・ひのき・しょうがエッセンシャルオイル

 
 乾燥して寒くなってくると使用頻度が増えてくる上記エッセンシャルオイル類ですが

エコロギー四万十が抽出する
土佐のぽんかん・こなつ・ぶんたんエッセンシャルオイル
国産れもん・だいだいエッセンシャルオイル
全てにポカポカ効果のあると言われるリモネンが多く含まれています。

ただ、光毒性に作用する「フロクマリン類(ベルガプテンなど)」は含まれないエコロギー四万十の各種精油類ですがリモネン等が含まれると言う事は皮膚感作があります。
どうしても入浴中に「ぴりぴり・ひりひり」を感じる方がいらっしゃるようですので、必ず「バッチテスト」は事前に行ってからご利用ください。

お風呂に入った後に「ぴりぴり・ひりひり」を感じて入浴が出来なかったと言う話しは聞いている所です。

上手にエッセンシャルオイルをご利用頂き

 寒い冬を乗り切りましょう!

次回は、夢音香(ゆめおとか)シリーズの化粧品類について

少し記入したいと思います。

乾燥するこの季節 少しでも快適にお過ごしください。

 

 
posted by エコル君 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月08日

今年の柚子も海外へ、


 12月に入って急に寒くなってきた四万十川中流域です。
前回のブログで「今年の冬は意外と暖かい」と記入したのですが
先週末は日本全体寒さに覆われ全国的に寒くなっていたようです。
また、雪の被害もあったようで早い復旧を祈るばかりです。

四万十川中流域でも12月初旬に雪が積もったのは初めて経験すると思います。

141206-01.jpg
あっと言う間に雪が積もった12月6日7:30頃


 これから本格的な冬になって行くと思われます。
皆様、暖かくして風邪に負けないように過ごしましょう・・

 さて、瞬く間に一週間が過ぎて、今年もあと残りわずかとなって来ました。
今シーズン産の柚子から抽出したユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)も海外へ向けて出荷が開始となります。

 お陰様で、エコロギー四万十のユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)やヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)の海外輸出も徐々に本格的となってきて目標の輸出量が突破できるようになって来ました。

 平成20年頃から海外輸出の夢をのせて、最初はスウェーデン・アメリカへ向けて出荷した所から、平成23年度の本格的な輸出開始(残念ながら原発事故等の関係で1年遅れて24年度スタートになってしまいましたが・・)から徐々に輸出量が増えてきて、今年は念願の目標を突破する所までたどり着く事が出来ました。

 私達が製造するユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)やヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)は蒸留法で抽出するため、香料会社さん等は抽出して直ぐの精油類よりも少し時間を置いた精油を注文されます。一方、アロマ関係の事業者さんからは採れて直ぐの精油をリクエストされることが多いように思われます。

 蒸留法で抽出した植物精油類はどうしても採れて直ぐの物は「蒸気臭」がするので、少し冷凍庫で保管したものの方が落ち着いて良いと思われるのですが、リクエストがあればそれなりに対応していくのがエコロギー四万十の仕事と割り切っている所です。

 海外輸出も、アメリカやヨーロッパ(ドイツ・フランス・イタリア・イギリス・ロシア・ベルギー?)、東南アジア(フィリピン・シンガポール・香港?)と色々な国へと広がって来ました。
スェーデンと韓国は原発事故以来止まったままですが・・

 以前にも記入した事があるのですが、
輸出方法は直接エコロギー四万十から送付した実績はありません。
私個人が全く英語を話せないため、相手先に日本支社など関連の会社がある時はそこ経由、小さなアロマショップなどはご友人や親族さん経由、それ以外はエコロギー四万十の輸出をお願いするパートナー企業さん経由の出荷となります。

 英文でメールが届くと読むのが面倒くさいのでパートナーさんに転送して直接取引の話しをして頂いています。できればメールは日本語にして頂けるとありがたいのですが・・
宜しくお願い致します。

 徐々に徐々にですが、当初の計画に近付いてきました。

今後も地域の良きものを徐々に出荷していきたいと思いますので

皆さん、宜しくお願い致します。




posted by エコル君 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記