2014年11月13日

北風ピューピュー


 昨日から寒い北風が吹いている四万十川中流域です。
昨日はエコロギー四万十のネットショップe-SHIMANTOの写真撮影を行ったのですが
午後から強い北風で一苦労でした。
また、昨夜から降り出した弱い雨も今朝の出勤時にも少し残り、出勤時の最低気温は9℃と非常に寒い朝を迎えました。

141112-04.jpg
会社入口のスロープ付近(11月13日 14:30頃)


 敷地内の土手にある桜の木の葉もほぼ散って、会社回りはすっかり冬に突入したような雰囲気です。
今週からスタートした2014年産ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の抽出も順調に進み始め、また、柚子の果皮加工処理も並行して進み始めエコロギー四万十の一番忙しい時期に突入です。

 柚子の果皮加工処理には少し寒いぐらいが良いのですが、急に寒くなるのは年老いた体には応えます。

141112-01.jpg  141112-03.jpg
ミニチュア搾汁気をお借りしての柚子の搾汁


 上記でも少し記入したのですが、ネットショップ用の画像撮影のため昨日四万十の柚子畑の取材とゆず果汁を絞る画像、果汁を絞った後の果皮を加工してユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出用の原材料作りまでを撮影しました。

 上記の画像は、今年お借りしているミニチュアの搾汁風景の画像になります。
来年、2月頃の小夏・ぽんかん精油の抽出に向けて、今年はこの小さな搾汁機をお借りしました。
エコロギー四万十には本格的な搾汁施設が無いので、近年集まり難くなってきた小夏果皮製造に向けての準備の一環です。この装置があれば大抵の柑橘果汁は絞る事が出来ます。
絞った後の果実を加工して精油抽出用の原材料となる柑橘果皮を加工する事が出来ます。
あまり大きな量の加工は出来ないのですが、来年の夏に来社見学頂く皆様にWelcomeドリンクとして提供する予定ですので見学の皆様は楽しみにお待ちください。

 さて、実は今週はもう一つ並行して作業を行っています。
と言うのも、

 以前記入したかもしれないのですが今週末の土曜日(11月15日)
日本臨床アロマセラピー学会(JCAS)の高知セミナーで「四万十精油の蒸留方法・特徴について」と言う事で話しをする事となっているためです。

 子供たちの前で話をする事は良くあるのですが
今回のように専門の皆様にお話するとなるとプレゼン資料作成に頭を悩ます所です。
何とか今日中には資料を完成させたいと思っています。

この模様は次回ご報告します・・・(^_^;)

 冬の季節に入ってきた日本列島です。
これからは、暖かいお風呂にゆっくりと浸かり(当然、ゆずエッセンシャルオイルかひのきエッセンシャルオイルでゆず風呂・ひのき風呂)

 「日本人で良かった・・・」 と 一言つぶやき

    ポカポカの体のままで ゆっくりと  お休みください。

北風ピューピュー吹き付ける 四万十川中流域の

エコロギー四万十からのお話しでした、、、


 
posted by エコル君 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105560612

この記事へのトラックバック