2014年11月26日

天気とにらめっこ、


 今日は不安定な天気になっている四万十川中流域です。

 昨日の朝の高知への出張時は久しぶりに強い雨となり出張が思いやられたのですが、高知市内では天気となり移動する車の中では暑くて窓を開けて走るような天気でした。
四万十川中流域と比べると高知市内は気温が5℃以上高くなるようです。
本当に暖かかったです。多分昨日の高知市内は20℃を超えていたように思います。

 今日の四万十川中流域の天気は、午前中には日差しも出て少し暑く感じたのですが
午後になって少し曇り空となりポツポツト雨も降っている不安定な天気になっています。

今日は朝から作業予定が一杯詰まっていたので、お天気が非常に気になっていました。

この時期のエコロギー四万十の一日のスケジュールは
朝 8:30〜9:30までがヒノキオイルの抽出の仕込とユズオイルの抽出の仕込2回を行います。
その後10:00までに柚子果皮加工処理の下準備を行い、朝の休憩時間となります。

141126-01.jpg
果皮加工処理前のゆず搾汁後残渣


10:30〜12:00の間に今日は何としても柚子果皮加工処理を終了しなければならなかったため、今日は何とも忙しくスタッフ全員がきりきり舞いの作業となってしまいました。

途中、何度か電話が鳴ったようですが
全員があまりにも集中していたので出る事が出来ませんでした。申し訳ないです。

以前にもこのブログで記入したように
この時期は果皮加工処理があるため、電話が繋がり難いのでご了承ください。
ご連絡はメール若しくはFAXを頂けるとありがたいです。

いつもは暇でのんびりしているエコロギー四万十ですがこの時期はご迷惑をおかけします。

今日は、午後から今年最初の柚子果皮10tが届く予定となっていたため特に忙しい午前中でした。
また、今日加工する柚子果皮(地元契約農家のゆず搾汁残渣)は昨日の雨の影響もありいつもより多かったため、お昼休み(12:00〜13:00)になっても果皮加工の片付けで休憩時間に入るのが少し遅くなってしまいました。

141126-02.jpg
冷凍倉庫屋さんから届いた10tの柚子果皮


 高知市内の冷凍倉庫で保管していた柚子果皮10tは専用のキャスターに入っていつもの運送屋さんが届けてくれました。柚子果皮10tは20Kg入りの段ボールに入って500箱届きます。
専用のキャスターからエコロギー四万十にある40フィートの冷凍コンテナに溶けないように順番に積み上げていきます。

 この作業は大の男でも結構大変で、全てが終了するころには一番若いスタッフでも息切れがする位にハードな作業となります。
結局、この作業の終了したのが14:00でした。

その後、朝仕込んだユズオイル2回分を取り出し精油を回収して装置の洗浄と精油抽出残渣処理を行って15:00に精油抽出残渣処理組と明日の精油抽出準備組に分かれて作業が進みます。
15:40頃に朝仕込んだヒノキオイルの取り出しと装置の洗浄などを行って
16:00から反省会を兼ねた休憩タイムとなり16:30に会社が終了します。

 雨が降ると今回のようなギリギリのスケジュールを組んでいると中々こなす事が出来なくなります。
なるべく作業が重なら無いようにとスケジュールを組むのですが
この時期はどうしてもお天気に左右されます。

12月初旬になると契約農家さんのゆず果皮加工処理が終了するので少しは余裕が出てきます。

空を見上げて、念力で 雨の降るのを 少し変更するように

もう暫くの辛抱です。 今日も空を見上げてにらめっこでした。

posted by エコル君 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105985748

この記事へのトラックバック