2014年12月08日

今年の柚子も海外へ、


 12月に入って急に寒くなってきた四万十川中流域です。
前回のブログで「今年の冬は意外と暖かい」と記入したのですが
先週末は日本全体寒さに覆われ全国的に寒くなっていたようです。
また、雪の被害もあったようで早い復旧を祈るばかりです。

四万十川中流域でも12月初旬に雪が積もったのは初めて経験すると思います。

141206-01.jpg
あっと言う間に雪が積もった12月6日7:30頃


 これから本格的な冬になって行くと思われます。
皆様、暖かくして風邪に負けないように過ごしましょう・・

 さて、瞬く間に一週間が過ぎて、今年もあと残りわずかとなって来ました。
今シーズン産の柚子から抽出したユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)も海外へ向けて出荷が開始となります。

 お陰様で、エコロギー四万十のユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)やヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)の海外輸出も徐々に本格的となってきて目標の輸出量が突破できるようになって来ました。

 平成20年頃から海外輸出の夢をのせて、最初はスウェーデン・アメリカへ向けて出荷した所から、平成23年度の本格的な輸出開始(残念ながら原発事故等の関係で1年遅れて24年度スタートになってしまいましたが・・)から徐々に輸出量が増えてきて、今年は念願の目標を突破する所までたどり着く事が出来ました。

 私達が製造するユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)やヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)は蒸留法で抽出するため、香料会社さん等は抽出して直ぐの精油類よりも少し時間を置いた精油を注文されます。一方、アロマ関係の事業者さんからは採れて直ぐの精油をリクエストされることが多いように思われます。

 蒸留法で抽出した植物精油類はどうしても採れて直ぐの物は「蒸気臭」がするので、少し冷凍庫で保管したものの方が落ち着いて良いと思われるのですが、リクエストがあればそれなりに対応していくのがエコロギー四万十の仕事と割り切っている所です。

 海外輸出も、アメリカやヨーロッパ(ドイツ・フランス・イタリア・イギリス・ロシア・ベルギー?)、東南アジア(フィリピン・シンガポール・香港?)と色々な国へと広がって来ました。
スェーデンと韓国は原発事故以来止まったままですが・・

 以前にも記入した事があるのですが、
輸出方法は直接エコロギー四万十から送付した実績はありません。
私個人が全く英語を話せないため、相手先に日本支社など関連の会社がある時はそこ経由、小さなアロマショップなどはご友人や親族さん経由、それ以外はエコロギー四万十の輸出をお願いするパートナー企業さん経由の出荷となります。

 英文でメールが届くと読むのが面倒くさいのでパートナーさんに転送して直接取引の話しをして頂いています。できればメールは日本語にして頂けるとありがたいのですが・・
宜しくお願い致します。

 徐々に徐々にですが、当初の計画に近付いてきました。

今後も地域の良きものを徐々に出荷していきたいと思いますので

皆さん、宜しくお願い致します。




posted by エコル君 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106230386

この記事へのトラックバック