2010年04月29日

2010GWスタート

 いよいよ今年のゴールデンウィーク(GW)がスタートです。
本日の四万十川中流域の天気は快晴となっています。朝早くは少し雨が降っていたようですが、現在は少し風が吹いていますが晴天となっています。

 お陰さまで、四万十オートキャンプ場ウエル花夢も多くの皆様にご予約を頂け満室状態となっています。このGW期間中四万十川観光に是非一度お立ち寄りください。
 ウエル花夢では、5月2・3日の二日間、ウエル花夢宿泊のお客様を対象に「カツオのタタキ ワラ焼き体験」などと、その他のイベントなどの企画もあり是非お立ち寄りいただけると幸いです。(詳しくはウエル花夢HPでご確認ください)

 現在の四万十川は、先週の雨で増水状態となっていますので、川原での水遊びは注意して下さい。このままお天気が続けば5月に入ると丁度良い位になるのではないでしょうか??

100429-01.jpg 100429-02.jpg
今朝の四万十川(上岡沈下橋)


100429-03.jpg  100429-04.jpg
ウエル花夢キャンプ場前


 さて、エコロギー四万十では
本日もウエル花夢の準備のためスタッフ2名が応援に行っています。例年、GW前には営業用の蒸留装置を分解清掃するため昨日は午前中に解体作業を行いました。
 
 近年は多くの皆様から蒸留装置についてのお問い合わせを頂くようになりました。また、先週来社された皆様からも植物精油抽出についてのご質問も頂きました。

 意外に簡単に蒸留装置の購入や製造はできると思いますが、精油抽出には意外とメンテナンス作業が大変になります。

100414-04.jpg
蒸留装置中型実験機


 上記の中型の実験機でも、違う香りの実験を行う前には整備に一週間程度必要になります。香りの世界は微妙な世界のようで不純物が入ると全く違う香りになるようです。

 本日も分解した営業用の装置のメンテナンス作業を行います。装置を分解するのに半日、メンテナンスに一週間、組み立てに半日、調整に3日間と次の植物精油蒸留までに期間を要します。

 このGW明けから地元のショウガからの精油抽出が開始されます。ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル、ゆず精油)やポンカン・小夏・文旦等の柑橘類とショウガやシソなどの香味野菜系の精油とでは同じ装置を利用しても抽出方法が変わります。

 また、試料の粉砕や撹拌、蒸留時の温度帯や抽出時間なども微妙に変化してきます。

 皆さんによくお話しするのは「色々と失敗を繰り返して最善の方法を模索することです」と話します。
 先日来社された方も柑橘類から精油を抽出されているとのお話でしたが私達の方法とは若干違ったようで「香りの質」が違うと話されていました。

 私個人にはまだ何が良いかわかりませんが、常にスタッフと打ち合わせを行いながら「より良い香り」を求めて試行錯誤を続けています。

 地域資源を活用して「世界に認められる商品づくり」が夢です。

このGWも昨日宿題を一杯もらいました。

 例年どおりレポート作りに追われる毎日が続きそうです。

皆様、GWは
 四万十川の自然と「車でアロマ」で是非リフレッシュを・・・



 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37442957

この記事へのトラックバック