2011年09月03日

しょうが精油


 今週も何やら忙しい一週間でした。
8月後半には何とか記事をアップしたいと思っていたのですが、急な来客や打ち合わせが重なり結局本日となってしまいました。台風12号(タラス)もノロノロと少し高知県を離れたようです。高知県西部の四万十川流域も今は雨も止み風が少し吹いている程度の天気に落ち着きつつあります。こちらはあまり被害もなく大した雨ではなかったのですが、高知県東部地域は結構雨が降ったようで少し心配です。
 まだまだ台風の影響も残る地域もあると思います。十分気を付けてください。

 さて、今回のテーマ「しょうが精油」(ショウガオイル・ジンジャー精油)です。
2〜3年前からのしょうがブームもあり。結構お問い合わせも頂く「しょうが精油」(ショウガオイル・ジンジャー精油)の話しを少し記入してみたいと思います。

 エコロギー四万十のネットショップ(e-SHIMANTO)で販売しているしょうがエッセンシャルオイルの画像は以下となります。
(精油に含まれる成分などの詳しいデータは「e-SHIMANTO」でご確認ください)

110903-01.jpg
しょうがエッセンシャルオイル
 

 平成18年の町村合併で旧窪川町・旧大正町・旧十和村の2町1村が合併して現在の四万十町になりました。お隣の町であった旧窪川町はしょうがの産地として知られる地域でした。同じ四万十町内となった窪川地域のしょうがのことを少し調べてみると「しょうがを利用したお土産品や加工品が無い」と言う事が分かってきました。「日本一のしょうがの産地にしょうがを利用した加工品が無い」に疑問を持ちました。同時に、しょうがの青果を出荷する時に大量の農業バイオマス(しょうが残宰)が廃棄されている事が分かり、いつものように「勿体ない精神と加工品づくり」の切っ掛けづくりとしてしょうが精油の抽出研究を開始しました。
 
 丁度、ひのきオイル(ヒノキオイル・ひのき精油)とユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の研究も軌道に乗り始め柑橘類ではぽんかんや小夏などの高知県内産農業バイオマス利用研究がスタートした時期と高知大学農学部 沢村正義教授(現:名誉教授)と科学技術振興機構(JST)の育成研究を開始した時期と重なり、一気にしょうが精油抽出研究は前に進みました。

 抽出研究を進めるまでは「しょうがに油があるのか??」など、全く分かっていない状況でしたが、取り合えず、やってみないと分からないのが植物精油抽出研究ですから、地域の生産者さんやJA・加工業者さんに協力して頂き初年度(平成18年)の研究がスタートしました。

 簡単にしょうが精油抽出の流れを記入すると、

110903-02.jpg  110903-03.jpg
しょうが畑と掘り出されたしょうが


 四万十川中流域のしょうがは、ゆずの収穫時期とほぼ同じで10月〜12月初めまでが収穫される時期となります。畑から掘り出されたしょうがは翌年の夏(6〜8月)の出荷のピークまで冷暗所に貯蔵されて寝かされます。

110903-04.jpg  110903-05.jpg
出荷時に発生するしょうがのチップ(しょうが残滓(農業バイオマス))


 廃棄されるしょうがチップは丁度ゆずやその他の柑橘類の植物精油抽出が終了した6〜8月に一番多くできることが分かり、蒸留装置を休ませることなく利用できると言う、私達にとっては非常にありがたい事も分かってきました。

110903-06.jpg  110903-07.jpg
抽出されたしょうが精油とエマルジョン化から精油分離中のしょうが精油


 ただ、柑橘果皮から抽出する植物精油やひのき等の樹木系から抽出される植物精油に比べて非常に抽出率が悪いのも分かってきました。同時に行った、市場調査でも「アロマテラピー」などで販売されている東南アジアや中国産のショウガエッセンシャルオイルと比べると全く違う香りで、市販されていたショウガエッセンシャルオイルは私達から言わせると「薬品の香り」にしか思えないものばかりでした。

 後で解ったのですが、東南アジアや中国では「親ショウガを乾燥して抽出している」と言う事でした。この話は、ある香料メーカの重役さんからお聞きしたのですが「一般的に市販されているショウガ精油は古くから乾燥ショウガで抽出」しているとの事でした。

 私たちが利用する国内産のしょうがは「春に植えてその秋収穫する」1年物のしょうがをフレッシュのまま抽出するのでしょうが本来の香りに近いものが取れるとの事でした。

 私たちが生産するしょうが精油の良さを近年は多くの皆様に分かって頂けるようになり、少し高額になるのですがご利用頂ける皆様が増えています。また、香料メーカからも新しい商品としてお風呂周りや各種食品類、変わった所では育毛剤・発毛剤??等への利用も増えてきていると言う話も聴いている所です。

 四万十のしょうがの香りが色々な場面で皆さんのお近くに広がっていると思います。残念ながら抽出率が悪いため私たちの生産量が限られているのでご迷惑をおかけしますが、気長にお付き合いください。

 四万十川の大地の恵み しょうがエセンシャルオイル 今後とも是非よろしくお願い致します。


 
 
posted by エコル君 at 16:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 商品情報
この記事へのコメント
ジンジャーの精油を購入したいので、申込み方法を教えていただけますでしょうか。
Posted by 山口 千佳子 at 2014年04月16日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47710691

この記事へのトラックバック