2011年10月05日

キンモクセイの香り、、


 あっと言う間に10月に突入です。
先月末はいつものように少しバタバタと来客もあり会議も重なってあまりこのブログの更新もできませんでした。週末には、前回少し記入したように四万十川の水も落ち着いてきたので火振り漁を行う事が出来たのですが、やはりブログの更新する時間が取れず結局更新は本日になってしまいました。

 さて、今回は
前から少し記入しているように「フローラルな香りを探して」と言う事で、今週になって今年初めてテスト抽出をした「キンモクセイ」(金木犀)の香り抽出テストの話を記入してみたいと思います。
 ご存知のように「キンモクセイ」はあちこちで良く見かける木で、花の香りをご存知の方も多いと思います。合成香料で作られたトイレの芳香剤などは一般的ですので、香りの記憶としては誰もがイメージできるものだと思います。

 エコロギー四万十の敷地内にも1本のキンモクセイがあります。

111004-01.jpg
エコロギー四万十敷地内のキンモクセイ


 丁度先月末から開花してきたキンモクセイですが、今がちょうど見ごろと言う所でしょうか??
この花を集めてテスト抽出を企画しました。

111004-02.jpg  111004-04.jpg  
キンモクセイの花


 スタッフが手作業で花目を集めて行きます。小さな花なので結構集めるには手間と時間がかかるのですが、何事もやってみないと分からないと言う事でいつものことですがすべて手作業の初めての取り組みです。

111004-03.jpg
集められたキンモクセイの花


 今回は初めてのテストですから小型の蒸留器(市販のガラス製)を使ってどんな香りになるか抽出実験を行いました。通常このテストは様々な植物から最初に行う抽出テストで、基本的には精油成分はほとんど取れないことは解っているのですが、香りを試すには手っ取り早い方法となります。
 一回にテストできる内容量200〜400g程度ですから1%精油分が抽出できても多くて4g程度です。ただ、構造がシンプルなので精油分の多い柑橘類でも0.2%も取れれば良い方で、今回のような花からとる精油だとまず精油分の確認が出来ないのですが、取れる蒸留水で精油の香りはほぼイメージできます。
 また、上手く行って油膜程度確認できれば中型の実験機ならほぼ間違いなく精油抽出が可能と言う事が分かります。

111004-05.jpg
蒸留装置にセットしたキンモクセイ


 テスト蒸留している間はいい香りも少し漂ってきます。
敷地内で咲いているキンモクセイの花の香りがイメージできる香りです。

 約2時間後テスト抽出を終了しました。
思ったとおり精油分はほとんど確認できませんでした。(微妙に油膜が見える程度??)
キンモクセイの蒸留水はどこかのネット記事でも読んだとおり「ニンジンを煮た臭い」を連想させました。ただ、香りの奥の方には確かにキンモクセイのほのかな香りもあり決していやな香りではありませんでした。

 今週月曜日にも香川県からお客様が来られたのですが、植物精油を取ること自体はそれほど難しいものではありません。ただ、本当に良い香りを取り出すためには
 蒸留温度帯はどの温度にするか??
 粉砕は必要か??
 粉砕が必要であればどの大きさにするか??
 季節変動によって香りは変わるのか??(摘み取る時期)
 試料となる植物の保存はどのようにするか??
 試料はドライが良いのかウェットで良いのか??
 蒸留方法はどの方法が適しているか??
などなど、様々な実験が必要になります。
 また、とれた精油の安全性の調査や成分分析、精油の保存方法の検討、
抽出残渣の処理や廃液の処理方法の検討などなど、今回のような季節ものの植物の場合、最低でも2年程度の時間が必要となるものです。

 上記のハードルをクリアした後に、市場調査を行います。
香料メーカーの調香師の皆さんに確認して頂いたりアロマ事業者の皆さんの感想をお聞きしたりと製品化までには長い道のりが必要となって来ます。

 この話も、今週メールで質問を頂いた方への回答と同じになるのですが
誰にでも簡単に取れるのが植物精油ですが、商品とする場合は様々なハードルを乗り越えて、皆様に安心してお使いいただける商品づくりをしないと、不完全な商品を販売されると他の業者様にも迷惑が掛かるものなのです。

 せっけん一個を作るのに5年もかかったエコロギー四万十ですから、その元になる香りを作る時はもっと時間と手間をかけて調査をします。ご相談いただく皆様、私の話は長くて分かり難いかもしれませんが是非ご理解ください。

 キンモクセイの花の香り

 個人で楽しむなら手ごろで簡単に良い香りが取れるようです。

是非、皆様もお試しください。

 
 
posted by エコル君 at 11:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初めまして。
ブログ、HP拝見させていただきました。
香りの研究、開発、環境への配慮など素晴らしいですね!
私も同じ気持ちをひそかに持っている奄美の主婦です。
香りが大好きなので、ひのきやゆずを使ってみたいと思います!
キンモクセイの香りも楽しみですね♪
これからも頑張ってくださいね!

Posted by 奄美 at 2011年10月08日 09:54
金木犀、大好きなんです。
是非がんばって製品化してくださいm(__)m
Posted by 河合 彩 at 2011年10月09日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48331543

この記事へのトラックバック