2014年12月17日

ゆず風呂の季節、


 今日も朝から寒くなっている四万十川中流域です。
何と、、朝起きて窓の外を見ると雪が積もっていました。
年に2〜3回程度 四万十川中流域でも積もる事はあるのですが時期的には少し早いような気がします。
昨日の天気予報で「強烈な爆弾低気圧の影響で全国的に荒れ模様」と言う情報は得ていたのですが、今回の積雪は少し驚いています。(前回の雪とはレベルの違う積雪でした)

141217-03.jpg
雪の積もった四万十川(12月17日6:50頃)


141217-01.jpg  141217-02.jpg
会社の周りも雪で真っ白でした


 と言う事で、

毎年恒例の「ゆず風呂」についての記入となります。

何度もこのブログでユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)ゆずエッセンシャルオイルを利用したゆず風呂の話しを記入しています。
この時期になると全国からメールやお電話でのお問い合わせも良く頂くようになるのがゆずエッセンシャルオイルの効果効能やら使い方の話しになります。

いつも記入するようにエコロギー四万十で生産する植物精油類は全て地域で生産される植物から蒸留法による製法で抽出する「雑貨品」扱いの精油類になります。
効果効能についての記入は直接的には出来ないのですが、日本人にはありがたい事に湯船に浸かると言う習慣が昔からあります。

 冬至にゆず湯(今年の冬至は12月22日です)は古くからの日本人の知恵です。
本格的に寒くなる季節に入る日と言う事で、この日にゆず湯に浸かると風邪をひかないと言われています。なかなか柚子の果実を直接入れてと言う事は現代人では難しいのかも知れませんが、私達がゆず果皮から抽出するユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)は手軽にゆず風呂を再現する事が出来るエッセンシャルオイルとなります。

141217-05.jpg
特許製法で作られる夢音香(ゆめおとか)ゆずエッセンシャルオイル


 いつも記入する事ですが、私はこの時期からほぼ毎日ゆず・ひのきの香りで入浴するようにしています。特に今日のような非常に寒い日はゆず風呂が適しているように思います。
香りに癒されて、ポカポカ効果(リモネン作用でしょうか?)で暖かくして・・・
風呂を出てからのポカポカ効果は確かにあるように感じています。

141217-04.jpg
既存製法で抽出した四万十のゆず・ひのき・しょうがエッセンシャルオイル

 
 乾燥して寒くなってくると使用頻度が増えてくる上記エッセンシャルオイル類ですが

エコロギー四万十が抽出する
土佐のぽんかん・こなつ・ぶんたんエッセンシャルオイル
国産れもん・だいだいエッセンシャルオイル
全てにポカポカ効果のあると言われるリモネンが多く含まれています。

ただ、光毒性に作用する「フロクマリン類(ベルガプテンなど)」は含まれないエコロギー四万十の各種精油類ですがリモネン等が含まれると言う事は皮膚感作があります。
どうしても入浴中に「ぴりぴり・ひりひり」を感じる方がいらっしゃるようですので、必ず「バッチテスト」は事前に行ってからご利用ください。

お風呂に入った後に「ぴりぴり・ひりひり」を感じて入浴が出来なかったと言う話しは聞いている所です。

上手にエッセンシャルオイルをご利用頂き

 寒い冬を乗り切りましょう!

次回は、夢音香(ゆめおとか)シリーズの化粧品類について

少し記入したいと思います。

乾燥するこの季節 少しでも快適にお過ごしください。

 

 
posted by エコル君 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月08日

今年の柚子も海外へ、


 12月に入って急に寒くなってきた四万十川中流域です。
前回のブログで「今年の冬は意外と暖かい」と記入したのですが
先週末は日本全体寒さに覆われ全国的に寒くなっていたようです。
また、雪の被害もあったようで早い復旧を祈るばかりです。

四万十川中流域でも12月初旬に雪が積もったのは初めて経験すると思います。

141206-01.jpg
あっと言う間に雪が積もった12月6日7:30頃


 これから本格的な冬になって行くと思われます。
皆様、暖かくして風邪に負けないように過ごしましょう・・

 さて、瞬く間に一週間が過ぎて、今年もあと残りわずかとなって来ました。
今シーズン産の柚子から抽出したユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)も海外へ向けて出荷が開始となります。

 お陰様で、エコロギー四万十のユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)やヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)の海外輸出も徐々に本格的となってきて目標の輸出量が突破できるようになって来ました。

 平成20年頃から海外輸出の夢をのせて、最初はスウェーデン・アメリカへ向けて出荷した所から、平成23年度の本格的な輸出開始(残念ながら原発事故等の関係で1年遅れて24年度スタートになってしまいましたが・・)から徐々に輸出量が増えてきて、今年は念願の目標を突破する所までたどり着く事が出来ました。

 私達が製造するユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)やヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)は蒸留法で抽出するため、香料会社さん等は抽出して直ぐの精油類よりも少し時間を置いた精油を注文されます。一方、アロマ関係の事業者さんからは採れて直ぐの精油をリクエストされることが多いように思われます。

 蒸留法で抽出した植物精油類はどうしても採れて直ぐの物は「蒸気臭」がするので、少し冷凍庫で保管したものの方が落ち着いて良いと思われるのですが、リクエストがあればそれなりに対応していくのがエコロギー四万十の仕事と割り切っている所です。

 海外輸出も、アメリカやヨーロッパ(ドイツ・フランス・イタリア・イギリス・ロシア・ベルギー?)、東南アジア(フィリピン・シンガポール・香港?)と色々な国へと広がって来ました。
スェーデンと韓国は原発事故以来止まったままですが・・

 以前にも記入した事があるのですが、
輸出方法は直接エコロギー四万十から送付した実績はありません。
私個人が全く英語を話せないため、相手先に日本支社など関連の会社がある時はそこ経由、小さなアロマショップなどはご友人や親族さん経由、それ以外はエコロギー四万十の輸出をお願いするパートナー企業さん経由の出荷となります。

 英文でメールが届くと読むのが面倒くさいのでパートナーさんに転送して直接取引の話しをして頂いています。できればメールは日本語にして頂けるとありがたいのですが・・
宜しくお願い致します。

 徐々に徐々にですが、当初の計画に近付いてきました。

今後も地域の良きものを徐々に出荷していきたいと思いますので

皆さん、宜しくお願い致します。




posted by エコル君 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月26日

天気とにらめっこ、


 今日は不安定な天気になっている四万十川中流域です。

 昨日の朝の高知への出張時は久しぶりに強い雨となり出張が思いやられたのですが、高知市内では天気となり移動する車の中では暑くて窓を開けて走るような天気でした。
四万十川中流域と比べると高知市内は気温が5℃以上高くなるようです。
本当に暖かかったです。多分昨日の高知市内は20℃を超えていたように思います。

 今日の四万十川中流域の天気は、午前中には日差しも出て少し暑く感じたのですが
午後になって少し曇り空となりポツポツト雨も降っている不安定な天気になっています。

今日は朝から作業予定が一杯詰まっていたので、お天気が非常に気になっていました。

この時期のエコロギー四万十の一日のスケジュールは
朝 8:30〜9:30までがヒノキオイルの抽出の仕込とユズオイルの抽出の仕込2回を行います。
その後10:00までに柚子果皮加工処理の下準備を行い、朝の休憩時間となります。

141126-01.jpg
果皮加工処理前のゆず搾汁後残渣


10:30〜12:00の間に今日は何としても柚子果皮加工処理を終了しなければならなかったため、今日は何とも忙しくスタッフ全員がきりきり舞いの作業となってしまいました。

途中、何度か電話が鳴ったようですが
全員があまりにも集中していたので出る事が出来ませんでした。申し訳ないです。

以前にもこのブログで記入したように
この時期は果皮加工処理があるため、電話が繋がり難いのでご了承ください。
ご連絡はメール若しくはFAXを頂けるとありがたいです。

いつもは暇でのんびりしているエコロギー四万十ですがこの時期はご迷惑をおかけします。

今日は、午後から今年最初の柚子果皮10tが届く予定となっていたため特に忙しい午前中でした。
また、今日加工する柚子果皮(地元契約農家のゆず搾汁残渣)は昨日の雨の影響もありいつもより多かったため、お昼休み(12:00〜13:00)になっても果皮加工の片付けで休憩時間に入るのが少し遅くなってしまいました。

141126-02.jpg
冷凍倉庫屋さんから届いた10tの柚子果皮


 高知市内の冷凍倉庫で保管していた柚子果皮10tは専用のキャスターに入っていつもの運送屋さんが届けてくれました。柚子果皮10tは20Kg入りの段ボールに入って500箱届きます。
専用のキャスターからエコロギー四万十にある40フィートの冷凍コンテナに溶けないように順番に積み上げていきます。

 この作業は大の男でも結構大変で、全てが終了するころには一番若いスタッフでも息切れがする位にハードな作業となります。
結局、この作業の終了したのが14:00でした。

その後、朝仕込んだユズオイル2回分を取り出し精油を回収して装置の洗浄と精油抽出残渣処理を行って15:00に精油抽出残渣処理組と明日の精油抽出準備組に分かれて作業が進みます。
15:40頃に朝仕込んだヒノキオイルの取り出しと装置の洗浄などを行って
16:00から反省会を兼ねた休憩タイムとなり16:30に会社が終了します。

 雨が降ると今回のようなギリギリのスケジュールを組んでいると中々こなす事が出来なくなります。
なるべく作業が重なら無いようにとスケジュールを組むのですが
この時期はどうしてもお天気に左右されます。

12月初旬になると契約農家さんのゆず果皮加工処理が終了するので少しは余裕が出てきます。

空を見上げて、念力で 雨の降るのを 少し変更するように

もう暫くの辛抱です。 今日も空を見上げてにらめっこでした。

posted by エコル君 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月21日

柚子の季節真っ只中、


 今日も天気が良くなっている四万十川中流域です。
出勤時の気温は2℃と寒い朝が続いているのですが、日中は少し気温も上がって17〜19℃と過ごしやすくなっています。
 この時期の四万十川の朝は、朝もやがかかり
丁度、日の出と重なる出勤時には何とも幻想的な四万十川の景色になっています。

 今週も気付いてみれば週末近くになってしまいました。

先週末の15日には、このブログでも記入したとおり日本臨床アロマセラピー学会(JCAS)高知セミナーに参加していました。

141117-01.jpg
参加していたJCASの高知セミナー(11月15日)


1:00時間の講演を依頼されていたのですが、なんと私のプレゼン開始時にスライドを写すパソコンが急にフリーズして・・(私の静電気が原因か??)
最初の0:10程度、その場を繋ぐための無駄話をしてしまい、最後は時間が足りなくなりスライドを3〜4枚程度省略してしまいました。参加者の皆様、本当に申し訳ないです。
最後に話したかった「和の香りの精油利用」についての部分は何かの折にまたご紹介したいと思います。

翌日の16日は地域の収穫祭、17〜18日は岐阜県からのお客様、19日は徳島県からお客様、20日は朝から地元契約農家さんから集まってくる柚子果皮加工処理(今年最大のピークでした)

と 少しバタバタしていました。

 先週初めからスタートした今シーズンの柚子果皮からのユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出は順調に進み始め、並行して進められている原材料の柚子果皮調達も、いよいよ佳境に入って来ました。

141112-05.jpg
北川村グループの柚子玉(依頼されたカタログ写真用の画像より)


 今年の柚子については、以前少し記入したのですが
当初は「天候不順と一部地域が裏年に当たるため収穫量が少ないのでは・・」と言われていました。
ここにきて、高知県内の柚子の産地からは「平年並みか若干少ない見込み」と言う情報に変更になって来ました。

 先週末は「このままでは来季(エコロギー四万十は1月から新年度になります)ご注文に対応できない」と考え、焦ってしまったのですが、何とか来期分の原材料は確保できる見通しが立ってきて、ホッとしている所です。

来週からの1週間が今シーズンの柚子の収穫がピークになります。
(12月に入ると急に柚子果皮から油が少なくなるようです?)
生産者の皆さん、宜しくお願いします。

 平成26年 いよいよ最後のラストスパートです。

アメリカからの新たなご注文に対応するため
ヒノキオイル(ひのきオイル・檜オイル・ひのき油)の抽出も並行して進んでいます。

また、例年この時期に委託で行う「榧の木実オイル」抽出もいよいよスタート予定です。

急に寒くなるこの時期ですが、風邪などひかないように

年末に向けて頑張りましょう!!




posted by エコル君 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月13日

北風ピューピュー


 昨日から寒い北風が吹いている四万十川中流域です。
昨日はエコロギー四万十のネットショップe-SHIMANTOの写真撮影を行ったのですが
午後から強い北風で一苦労でした。
また、昨夜から降り出した弱い雨も今朝の出勤時にも少し残り、出勤時の最低気温は9℃と非常に寒い朝を迎えました。

141112-04.jpg
会社入口のスロープ付近(11月13日 14:30頃)


 敷地内の土手にある桜の木の葉もほぼ散って、会社回りはすっかり冬に突入したような雰囲気です。
今週からスタートした2014年産ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の抽出も順調に進み始め、また、柚子の果皮加工処理も並行して進み始めエコロギー四万十の一番忙しい時期に突入です。

 柚子の果皮加工処理には少し寒いぐらいが良いのですが、急に寒くなるのは年老いた体には応えます。

141112-01.jpg  141112-03.jpg
ミニチュア搾汁気をお借りしての柚子の搾汁


 上記でも少し記入したのですが、ネットショップ用の画像撮影のため昨日四万十の柚子畑の取材とゆず果汁を絞る画像、果汁を絞った後の果皮を加工してユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出用の原材料作りまでを撮影しました。

 上記の画像は、今年お借りしているミニチュアの搾汁風景の画像になります。
来年、2月頃の小夏・ぽんかん精油の抽出に向けて、今年はこの小さな搾汁機をお借りしました。
エコロギー四万十には本格的な搾汁施設が無いので、近年集まり難くなってきた小夏果皮製造に向けての準備の一環です。この装置があれば大抵の柑橘果汁は絞る事が出来ます。
絞った後の果実を加工して精油抽出用の原材料となる柑橘果皮を加工する事が出来ます。
あまり大きな量の加工は出来ないのですが、来年の夏に来社見学頂く皆様にWelcomeドリンクとして提供する予定ですので見学の皆様は楽しみにお待ちください。

 さて、実は今週はもう一つ並行して作業を行っています。
と言うのも、

 以前記入したかもしれないのですが今週末の土曜日(11月15日)
日本臨床アロマセラピー学会(JCAS)の高知セミナーで「四万十精油の蒸留方法・特徴について」と言う事で話しをする事となっているためです。

 子供たちの前で話をする事は良くあるのですが
今回のように専門の皆様にお話するとなるとプレゼン資料作成に頭を悩ます所です。
何とか今日中には資料を完成させたいと思っています。

この模様は次回ご報告します・・・(^_^;)

 冬の季節に入ってきた日本列島です。
これからは、暖かいお風呂にゆっくりと浸かり(当然、ゆずエッセンシャルオイルかひのきエッセンシャルオイルでゆず風呂・ひのき風呂)

 「日本人で良かった・・・」 と 一言つぶやき

    ポカポカの体のままで ゆっくりと  お休みください。

北風ピューピュー吹き付ける 四万十川中流域の

エコロギー四万十からのお話しでした、、、


 
posted by エコル君 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月10日

2014年ゆずシーズン、、


 今日は晴天になっている四万十川中流域です。
昨日は雨で寒い日曜日になったのですが、週明けの月曜日が晴れになると何やら良い事が起こりそうな予感です。

 さて、先週は連休明けに今年のゆずシーズンスタートに向け柚子画像の写真撮影でした。
いつもお世話になる高知県東部の北川村 松崎さんのゆず園地にお邪魔して柚子畑の写真などを撮って来ました。(プロの手による正式画像は近日中にエコロギー四万十のネットショップe-SHIMANTOに掲出予定です。お楽しみにお待ち下さい)

今年の松崎さんちの柚子です。

141110-01.jpg


取材日の11月4日の朝は非常に寒かったのですが晴天の良い一日でした。
今年の夏の台風や大雨の影響で先月松崎さんにお話しをお聞きした時には成育を非常に心配していたのですが、やはり松崎さんの育てるユズは非常に綺麗でゆず園地の中は柚子の香りで一杯になっていました。

141110-02.jpg  141110-03.jpg


 ただ、例年と比べると少しゆず玉の大きさが小さいようにも感じましたが、今年もこの柚子から採れるユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)は非常に期待できそうです。

 11月に入って本格的な柚子シーズンがスタートします。
エコロギー四万十のある高知県西部で柚子の搾汁施設があるのは四万十市西土佐地域(江川崎)のJA高知はた西土佐支所からは先週金曜日に今年最初の3tの柚子果皮が届きました。
JAの担当者からは「今年はユズが少ないようです」との情報です。非常に心配しています・・

今日から2014年の本格的なユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の抽出がスタートします。
一応、今の所の予定では今年も昨年同様150tの柚子果皮からユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の抽出を行う予定としていますが、果皮が集まるか非常に心配な所です。

141110-05.jpg

141110-04.jpg
  141110-06.jpg
エコロギー四万十敷地内の柚子


上記の画像は、敷地内の柚子ですが
最初にご紹介した松崎さんちの柚子に比べると貧相な出来です。
昨年と比べるとエコロギー四万十の柚子も半分ぐらいの出来でしょうか??

 今日から来年の6月頃までユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の抽出が続きます。
今日も午後から来社見学の皆様が来る予定となっています。

 遅い歩みですが、徐々に見学者や私達の取り組みに共感を頂く皆様も増えてきました。

2014年産 高知県のユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)宜しくお願い致します。
posted by エコル君 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月03日

今年も残りわずか、


 またも更新が滞り申し訳ありません。
この所、特に何が忙しいと言うわけでもないのですが
私の段取りが悪いようでブログ更新がなかなかできませんでした。
今回のブログタイトルではないのですが「今年も残りわずか、、」
ラストスパートで最低でも週に一度の更新を心掛けたいと思います。
今シーズンのユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出状況も実況予定としています。読んで頂けると嬉しいです。

 さて、今日の四万十川中流域の天気は快晴となっています。
今朝は放射冷却の関係か今年一番の冷え込みのようでした。皆様、急に寒くなる事が多いようですのでお身体ご自愛ください。

 前回のブログ更新から今日までの大体の近況報告をはじめに、、
10月に入って、
・第一週は、来年度の植物精油の需要調査と原材料確保のために高知県内の各生産地にお邪魔して出張続きでした。
・第二週は、来社見学の皆さんが多く席を離れる事が出来ず、来年の抽出スケジュールの作成や原材料調達の段取りでバタバタしました。
・第三週は、アメリカの会社との契約等の関係で東京の弁護士事務所や日本支社などにお邪魔すると共にお取引頂く皆様へのご挨拶を兼ねた東京出張でした。後半は来社見学の皆様の対応に当たっています。
・第四週は、京都に出張して展示会や展示販売して頂いている京都国際工芸センターさんにお邪魔して打ち合わせなどを行っていました。後半は同じように来社見学の皆さんの対応をしていました。

141023-01.jpg
異業種連携京都まつり2014(10月21日 ホテルグランヴィア京都)

141023-03.jpg
141023-02.jpg  141023-04.jpg
京都国際工芸センター展示・販売

 お近くの皆さん、展覧会は既に終了してしまったのですが商品の販売は引き続き行って頂いています。四万十川中流域で私達が抽出した「和の香りの精油」「利用商品」を是非楽しんで頂けるとありがたいです。
ネットショップ(e-SHIMANTO)では香りの確認は出来ないのでお買い求めの前に香りの確認をして頂けると嬉しいです。

・最終週、 昨年同様スタッフの研修旅行と称して今年は役員5名も参加して北海道に旅行していました。今回は役員の皆さんも一緒でしたのでバスをチャーターしてほぼ観光旅行になってしまったのですが、楽しい旅行が出来ました。後半は仕事の依頼もお願いした来社見学者との対応でした。

と言う事で、、

 いよいよ11月に突入です。
本格的な柚子のシーズンに入って来ます。
今年の柚子は夏の天候不順の関係で、若干小さいようですが香りはなかなか良いものになっているようです。
今週から柚子加工処理(原材料となる柚子果皮の製造)がスタートします。
11月10日の週からは本格的にユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の抽出も開始予定としています。

 今年も残りわずかです、、

四万十川中流域の貧乏会社 エコロギー四万十も

ラストスパートに入りますので今後とも宜しくお願い致します。

posted by エコル君 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月13日

台風接近中です、、


 2週連続で台風が接近中の四万十川中流域です。
今回接近中の台風19号(ヴォンフォン)は間もなく九州に上陸との事です。
皆さんお気を付け下さい。
昨日夜から雨の降りだした四万十川中流域ですが、四万十川は既に増水して沈下橋も完全に浸かっていました。風も少し強くなりつつあります。

141013-01.jpg
上岡沈下橋(向山橋)10月13日7:30頃


 9月末から今シーズンの柚子の生育状況をお聞きするため先週まで高知県内を回っていました。
今年は裏年に当たるのか春の花芽も若干少ない地区もあったのですが、夏の天候不順でどの地域も若干生育状況はあまり良くないとお聞きしました。

 いつもお世話になる北川村農家グループは今年も台風で道路崩壊があり、お隣の馬路村温泉で会長の松崎さんから色々と柚子に関しての情報を頂きました。
今回の台風は非常に心配です。柚子の果実も大きなりつつある状況で風雨が強くなると果実に傷が出来る事になります。また、果実が落ちてしまう心配もあります。何とか各地域とも無事であってくれると良いのですが・・


141013-02.jpg
エコロギー四万十敷地内の柚子(少し色付いてきました)


 現在の四万十川中流域の状況は、
出勤時には風は少し出ていたのですが、雨は止んでいました。


141013-03.jpg  141013-04.jpg
雲が流れている西の空とジャイロが勢いよくまわっている入口スロープ


 出勤してメールチェック後このブログを記入し始めてから(8:30頃)また雨が強く降って来ました。
お天気情報によるとほぼ九州に上陸したようです。

 今回の台風は非常に心配です。

18号と違い少し北寄りを進みほぼ日本列島直撃コースを通る予想となっています。

皆さんご存知と思いますが、台風進路の右側は雨風が特に強くなります。

十分に起きを付け下さい。

収穫の秋に台風の直撃は非常に心配です。

何事も無ければよいのですが・・・






posted by エコル君 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月29日

来社頂く皆様へ、、


 またも更新が滞ってしまいました。申し訳ありません。
特に何があったと言う事でもなかったのですが、いつものように西へ東へバタバタとして
アット言う間に9月終盤になってしまいました。

 お陰様で、本年の植物精油抽出は予定どおりほぼ完了して残すはヒノキオイル(ひのきオイル・檜オイル・ひのき油)の抽出だけになって来ました。

 今シーズン産のユズオイル(ゆずオイル・柚子オイル・ゆず精油)の抽出は11月中旬よりスタート予定となっております。


140929-02.jpg
自社内の柚子の木(9月29日)

 
 すっかり秋めいてきた四万十川中流域です。
まだまだ、柚子の実は大きくなっていないのですが、稲刈りもほぼ終了してきたようで、残すはショウガと柚子のシーズンになって来ます。
 上記の画像のように柚子の玉はまだ小さく収穫は11月初旬になると思われます。

 さて、表題の件「来社頂く皆様へ、、」です。

ブログ更新が滞ったこの間にも何組かの来社見学の皆さんがいらっしゃいました。
この話も良く記入する事なのですが、
 基本的にエコロギー四万十は地域のPRを行う事も事業内容に含まれているので、来社やご見学はいつでもOKと言う事になっています。

 ただ、私のスケジュールの関係や植物精油の蒸留スケジュールの関係で色々とご注意頂く事はあります。
また、私達が主催する「四万十川香りの町ツアー」なども含めて「四万十川中流域大正地域」全体を見学して頂くと共に「四万十オートキャンプ場ウエル花夢」にご宿泊頂き交流のための飲食手配など地域の資源にも触れて頂きたいなど等、色々な思いもあります。以下、少し記入するので参考にして頂けると幸いです。

※エコロギー四万十の蒸留スケジュールなど
 基本的に土日・祝日等は会社が休みとなるため対応が出来ない時があります。ただ、蒸留スケジュールの関係で休日の変更などもあるので早めにご連絡を頂けると対応する場合もあります。
以下、基本的な蒸留の年間スケジュール
・ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)
 11月中旬から翌年度の5月頃まで蒸留します。今年のようにリクエストが多かった場合は8月末まで行う場合もあります。
・ヒノキオイル(ひのきオイル・檜オイル・ひのき油)
 通年を通して行っていますが、ご注文が少ない年は稼働日が少ないので事前にリクエストを頂けるとありがたいです。
・ショウガオイル(しょうがオイル・生姜オイル・ジンジャーオイル)
 ショウガの出荷が多くなる6〜8月で抽出します。
・その他柑橘類(小夏オイル・ぽんかんオイル・ぶんたんオイル・レモンオイル・ダイダイオイル)
 ご注文に応じて抽出しているので蒸留しない年もあります。
 基本的には2〜4月に行います。
・その他
 他社の皆さんから依頼(委託)される植物からの精油抽出は6〜10月に行っています。

※事前連絡のお願い
・基本的に来社頂く皆様は全てお受けするがモットーですが、私のスケジュールの関係や休業日等の関係でお断りする事もあります。なるべく早い時期にメール若しくはお電話でご連絡頂けるとありがたいです。

※香りの町ツアー
・私達が勝手に名づけている「四万十川香りの町構想」で見て頂くのは「植物精油蒸留のエコロギー四万十」「四万十ヒノキの集成材工場」「地酒(ダバダ火振り)の無手無冠酒造工場」見学の3か所になります。

140929-03.jpg
ヒノキオイル抽出用のヒノキ元玉


 高知の山の中、田舎の事なのでご不便もおかけします。
ただ、私達としては多くの皆様にこの町を見て頂きたいと思っています。

「日本最後の清流」と言われる四万十川も昔のようには綺麗ではありません。また、過疎・高齢化で飲食店やタクシーなどもどんどん先細りしてきました。

 何とか、この町を元気にしたいと住民の皆さんに出資して頂きできた「エコロギー四万十」もやっと当初の計画であった「海外輸出 300kg」を上回る事が出来るようになったとは言え、今も田舎の貧乏会社です。

 ご連絡いただく前に、少しだけこのブログもご参照頂けると嬉しいです。

私達が何故、あまり儲からない「植物精油抽出を始めたのか」「地域資源を活用した資源循環型の産業を目指したのか」などなど、

 目を通して頂いてからご連絡を頂けると、もう少し話がスムーズにいくのではないかと思います。

何もない四万十川中流域から 情報発信です。

 皆様、今後とも宜しくお願い致します。
 
 

 
posted by エコル君 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月27日

やっと晴れました、、


 昨日から四万十川中流域もやっと雨から解放されたようで晴れてきました。
ハッキリとは覚えていないのですが、こんなに天気が良くなったのは7月後半からなかったような気がしています。昨日の朝はセミの声も元気に聞こえ本当に夏になったように思いました。

140827-01.jpg
8月26日 11:00頃 久々の四万十川中流域の青空


 7月後半からひたすら雨に悩まされました。
今年は年初から植物精油の注文を多く頂き、各種蒸留装置もほぼフル稼働状態で稼働していました。
ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の抽出は何とかスケジュールのとおり順調に進んだのできたのですが、ヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)の方は、6月の梅雨の時期は例年どおり雨にたたられ、7月後半からは原材料となるヒノキ材の集材をお願いしている森林組合さんも山に上がれず集める事が出来ない状態が続きました。
 この間、ヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)の注文は急に多くなり、嬉しい事に海外からのリクエストも増えてきて徐々に困った状況になってきていました。(出荷が間に合いません(^_^;)

 何とか8月11日に取りあえずの注文をこなす事が出来たのですが、追加のヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)の注文もあり未だにバタバタしています。
 何とか9月後半までには出荷できると良いのですが・・・
11月前半にも海外への出荷が予定されています。このまま天気が回復すると良いのですが・・

 前回も記入したとおり、今年の夏は非常に雨の多かった四万十川中流域です。
私達が管理運営する「四万十オートキャンプ場ウエル花夢」もほぼ開店休業状態でキャンセルの山になっていました。折角、楽しい夏休みを四万十川で過ごして頂けるようにスタッフ総出で準備を進めてきましたが、お天気にはかないません。
来年の夏は、これに懲りずにまたオートキャンプ場ウエル花夢宜しくお願いします。
先日、ウエル花夢がある地域の皆さんと新しい取り組みの話し合いを行いました。
今以上に皆様に楽しんで頂けるように地元の皆さんと知恵を絞っていますので是非よろしくお願い致します。

140827-03.jpg  140827-04.jpg
敷地内の柚子の青玉


 エコロギー四万十の敷地内にある柚子の木にも柚子の実が付いてきました。
元々、手入れがあまり行き届かない柚子の木ですが
日照不足の影響かどの柚子の青玉を見ても痛みがあるように思います。

 先日も記入したとおり、今年の柚子の出来が非常に心配です。

やっと海外へもヒノキオイル(檜オイル・ひのきオイル・ひのき油)やユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)が順調に出荷できるようになってきた所です。

生産者の皆さんと一緒に夢を目指して進んで行きたいと思います。

何とか天気が安定しますように、、、 

posted by エコル君 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月20日

不安定な天気、


 天気がなかなかハッキリしない四万十川中流域です。
昨日は別件もあり高知市内に出張していて今年初めて見る夏らしい青空を確認出来たのですが、四万十川中流域はずっと曇り空で時おりスコールのような強い雨が降ったりと天気が安定しない日々が続いています。


140820-01.jpg
今日の四万十川(8月20日13:30頃 上岡沈下橋(向山橋))


 例年ならお盆を過ぎると朝晩は若干涼しくなるのですが8月の初旬からずっと蒸し暑く湿気の多い日々が続いています。8月に入ってからは台風の影響や秋雨前線??の影響で全国で局地的な豪雨による災害も起こっているようです。昨日も広島県で大きな土砂災害があったようで非常に心配しています。

140811-01.jpg  140811-02.jpg
上流側から  8月10日(7:30頃)の上岡沈下橋  いつもの下流側から


 上記の画像は台風11号(ハーロン)が通りすぎた8月10日朝に撮影したものです。
右側の画像はいつもの地点から上流部に向かって撮影したものですが、四万十川は増水して沈下橋はおろか周辺の畑や田んぼも完全に水没していました。
私達が住む四万十町内の窪川地区も増水により冠水し大きな被害が出ました。お陰様で大正地区はほとんど被害は無かったのですが香川県や関西地方でも大きな被害があったと聞いています。

 台風11号の影響は高知県内では中部(高知市周辺)や東部地区(安芸市や馬路村・北川村方面)の被害が多かったようです。
お付き合い頂く北川村の柚子農家グループの方も道路の土砂崩れにより集落が孤立したと聞いています。
雨が続くと土砂崩れや水害で大きな被害が起こります。

 今年の雨は例年と違い、一か所に集中的に降るようですので皆様お気を付け下さい。

少し更新間隔が空いたこのブログですが、

 お盆休み前の台風11号直撃の時もエコロギー四万十には来社見学のお客様がいました。
残念ながらこの天気ですので私達が運営する「四万十オートキャンプ場ウエル花夢」もほぼ開店休業状態が続いて頭を抱える状態になって夏休み終盤に向かっているのですが、さてさてこの天気はいつ回復するのでしょう??

 海も荒れた状態が続いているようで、近海物のカツオも近くの鮮魚店からは姿を消しています。
農産物も雨の影響で価格が上がっているようですし、エコロギー四万十でもヒノキオイル(ひのきオイル・ひのき油)生産用の原材料である地元のヒノキ材の集材が出来ないようでこちらも頭を抱える状況となっています。

9月と11月に海外に向けて少し大きな注文を受けているのですが、肝心の四万十川の山に上がれない状況が続きやきもきしている所です。
このままの状況が後一週間続くと9月の出荷には間に合いそうも無く非常に頭が痛い所です。

 また、先ほども記入したとおり
高知県東部や中部も今年の雨にたたられているので、柚子の栽培についても非常に心配しています。
昨年は柚子に関しては当初の予想より多くの柚子が収穫出来て予定どおりユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の原材料調達が出来たのですが、今の所の情報では非常に心配となって来ます。

何とか早く天気の回復を祈るばかりです。

 私たちの仕事も、自然に頼る部分が多く異常な天気は直ぐに植物精油抽出に影響します。

皆様にご迷惑をかけないように生産者の皆さんと今後も連絡を取り合い

何とか今年も終了したいと考えています。

四万十川の天気に右往左往している エコロギー四万十の近況でした。

 
posted by エコル君 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月11日

アロマミスト発売します、


 台風8号の影響もあまり受けなかった四万十川中流域です。
一昨日、深夜には強い雨となり少し心配もあったのですが
高知県に最接近となった昨日朝は嘘のように雨も上がりお日様も顔を出す天気となっていました。四万十川中流域ではほぼ被害は無かったようです。

140711-02.jpg  140711-03.jpg
上流部から  今朝の四万十川  下流部から


 先日、出張のためにJR窪川駅へ行った時に写した画像が以下の画像ですが、お分かり頂けるでしょうか??

140711-01.jpg
JR予土線を走る新型車両


懐かしの新幹線(ゼロ系)を模したJR予土線の新車両です。今年の春から走るようになり多くの子供たちや鉄道マニアの皆さんが写真撮影に集まるようになって来ています。JR予土線には以前ご紹介した「海洋堂ホビー館列車」も走っているので鉄道好きには面白いかとも思われます。
 この夏はオートキャンプ場ウエル花夢をベースとして四万十川観光と四万十川を走る列車もご覧頂けると嬉しです。

と言う事で、

140711-04.jpg
蒸留水を利用したアロマミスト


 以前にも記入したことがあるかとも思うのですが、
「ヒノキの臭いを知らない子供たち」と言う話しです。昔からヒノキの里として発展してきた大正地域では、四万十川の周辺にヒノキの森が沢山あります。5年ほど前にアットアロマ社の「匂いビジネス」と言うNHK番組で私達が生産するヒノキの植物精油(エッセンシャルオイル)を嗅いだ子供たちが「臭い(くさい)」と言ったことにショックを受けました。(この件の詳細は ⇒ 2010年05月20日香りビジネス、、

 そこで、この夏 四万十オートキャンプ場ウエル花夢ケビンをご利用頂く皆さんにお部屋の中でご利用頂けるように精油抽出時に副産物として取れる蒸留水を利用して「アロマミスト」(ルームスプレー)を設置する事にしました。
 ユズとヒノキの四万十の香りお試しいただけると幸いです。
お土産としてご購入頂けるように売店の方にも置きますのでどうぞよろしくお願いします。
(価格は直営店特価になっています・・・)

 最後に、
現在、四万十町大正地域商店街内(JR大正駅 前)に案内所兼ねた地域のお土産PR箇所を作っています。森林組合さん(ひのき集成材工場)や町内の事業者さんの製品類を展示販売する事としています。
こちらも地元特価で販売予定ですので是非お立ち寄り頂けると幸いです。

 もう暫く、梅雨の日は続きそうです。
災害には十分注意して、また体調不良も注意して お過ごし下さい。

 
 
 





posted by エコル君 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月15日

柑橘の花2014


 ゴールデンウィークも終了して2014年 中盤戦のスタートです。
今朝は少し雨が残ったのですが天気が回復方向にある四万十川中流域です。

 ゴールデンウィークは天気にも恵まれ四万十オートキャンプ場ウエル花夢も多くの皆様にご利用頂く事が出来ました。例年どおり大きな事故も無く乗り越える事が出来ました。ありがとうございました。今年の夏も是非よろしくお願い致します。

 5月1日から再開したエコロギー四万十のネットショップ(e-SHIMANTO)の運営も特に問題も無く皆様にご利用頂けたようです。こちらも感謝しております。今後とも宜しくお願い致します。

 さて、今回のテーマ「柑橘の花2014」です。

例年、5月は様々な柑橘の花が咲くのでお取引頂く生産者の皆様にご迷惑をかけると思いながらも柑橘の花の見学をさせて頂いています。
 今年は、エコロギー四万十スタッフも連れて5月9日に愛媛県の無茶々園さんの協力で柑橘の花の見学をさせて頂きました。

140515-04.jpg  140515-03.jpg
愛媛県 明浜 柑橘園地と柑橘の花


 愛媛県の南西部海岸沿いは暖かいので今年の柑橘の花のピークは過ぎていたのですが、まだまだ多くの柑橘の花が咲いていました。ご案内頂いた無茶々園スタッフさんに色々な柑橘の花を今回も教えて頂き良い勉強とになりました。また、今回は集荷場(出荷場)の見学もさせて頂き柑橘青果の自動選別作業なども勉強させて頂きました。
 この模様は近日中にe-SHIMANTO取材レポートでご報告させて頂きます。

 今週も5月12・13日にこちらも例年お世話をおかけする県内の白木果樹園さんの土佐文旦の花の見学をさせて頂きました。今回は、昨年末に文旦果実の見学でご一緒した東京のメーカーさんと香料会社さんをお連れしての見学でした。

140515-01.jpg  140515-02.jpg
夏文旦の花の香り採取と夏文旦


 生憎、取材初日の12日は雨となったため白木さんのハウス栽培夏文旦(河内晩柑・詳しくは→白木果樹園夏文旦)の花の香り採取と見学を行いました。翌日の13日は天気になったので露地の土佐文旦果樹園で花の見学をさせて頂くと共に12日にセットした香り採取の装置を回収させて頂きました。

 ハウス栽培の夏文旦は果実と共に花も咲いているので同時に見えるのが非常に面白く感じましたし、露地物の土佐文旦の花の香りも楽しめ非常に楽しい二日間でした。
この時の取材の話しも近日中にe-SHIMANTO取材レポートでご報告させて頂きます。

 来週はいつもお伺いする高知県東部の北川村 松崎さんの柚子園地にお邪魔して柚子の花の見学を行う予定としています。今年は山間部では少し寒いので若干花の咲く時期が遅くなっているようです。

 エコロギー四万十の植物精油抽出も順調に進んでおり、だいだい・れもん・こなつ・ぽんかん・甘夏(これはエコロギー商品ではありませんが・・)は終了しました。土佐文旦エッセンシャルオイルについては今年の蒸留予定が無いため販売中の物は25年産の文旦果皮から抽出したものになっている所です。
 ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)の抽出については現在も進行中で9月頃まで抽出予定としています。

 多くの皆さんのご協力で何とか精油抽出事業は順調に進める事が出来るようになって来ました。

現在、新しい蒸留装置も稼働予定で準備を進めている所です。

何とか、皆様にご迷惑をおかけする事が無いように

 徐々に前に進めております。

いつまでも歩みの遅いエコロギー四万十ですが

 皆様、今後とも宜しくお願い致します。

 
 

posted by エコル君 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月10日

新たなスタートです、


 今日も良い天気となっている四万十川中流域です。
桜の花もすっかり散ってしまい青々とした若芽が眩しく感じます。
もうすっかり春の装いですが、まだまだ朝晩は少し寒く感じる事もあります。

季節の変わり目です。皆様、体調にはご注意下さい。


 さて、3月後半から4月上旬まで大阪の方に長期出張していました。
前回少し記入した「癒しフェア2014Osaka」の報告からです。

140408-03.jpg  140408-01.jpg

140408-02.jpg
癒しフェア2014Osaka(26年3月29〜30日 撮影)


 3月28日に四万十川を出発して会場内の準備を行いました。
今回も何から何までお世話をおかけした大阪の(株)エーダッシュさんには本当に感謝しております。
見て頂いて分かるように小さなブースに綺麗に展示して頂き何とか見栄えの良い状態までご協力を頂きました。また、2日間のイベント時に「日本臨床アロマテラピー学会」(JCAS)大本千佳理事長のお声掛けで「ハンドマッサージ」も行って頂きました。
ここでも、ご協力頂いた皆様 ありがとうございました。

何とか2日間無事に終了する事が出来ました。

小さなブースにお立ち寄り頂いた皆様、

 四万十川からの「和の精油」確認して頂けたでしょうか?

今回は「かぐや姫の残り香ブランド」「夢音香(ゆめおとか)ブランド」両方の初めての一般公開でした。今後ともどちらのブランドも可愛がっていただけると嬉しいです。

 癒しフェアの終了後、

3月31日からも大阪に滞在させて頂き

4月2日から展示販売スタートの「京阪シティーモール」での実店舗販売の準備を行っていました。

 この展示販売の話しは、先ほどのエーダッシュさんから頂いたもので

エコロギー四万十としては実店舗での販売は初めての取り組みです。

「京阪シティーモール」は大阪の皆さんには分かり易ショップ街と言う事で

私個人は初めてお邪魔したのですが、何ともおしゃれなショップが多く少し気後れしましたが、

こちらもエーダッシュさんのご協力で何とか無事に飾り付けを終わる事が出来ました。

140408-04.jpg  140408-07.jpg
京阪シティーモール 1F 山葡萄籠工房 花橘ショップ内


 今回エコロギー四万十が展示販売させて頂くスペースは

非常に分かり易い階段通路沿いの角地の一等地でした。

京阪シティーモール1F 谷町筋側の一角にある「山葡萄籠工房 花橘」さんのショップ内の一角となります。

140408-05.jpg  140408-06.jpg
ショップ外観 2


 いよいよ私達の第二の夢がスタートします。

四万十川のPRも含めて 和の香り(ゆずの香り)商品を 四万十からお届けします。

実際に手に取って 香りを感じて 四国 高知の良さを 感じて頂けると ありがたいです。

高知県内の 多くの皆さんに 協力して頂きました。

少しでも 私たちの思いが 皆様に お届けできれば ありがたいです。

今回の出展は 多分短い期間となると思います。

大阪 関西地区の皆様

 この機会に 是非お立ち寄り頂き 感じて頂けると嬉しいです。

 
 
 
posted by エコル君 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月27日

緊急、e-SHIMANTO停止します


 緊急のご報告です、、

エコロギー四万十のネットショップ「SHOP e-SHIMANTO」ですが3月30日より運営を一時中止する事となりました。いつもご利用頂く皆様、大変申し訳ありません。

140328-01.jpg
e-SHIMANTOのトップ画面がしばらくの間休止のご案内画面になります


 新商品の発売(夢音香(ゆめおとか)ブランド・かぐや姫残り香ブランド)と消費税の改正にあたり、エコロギー四万十のホームページ変更とネットショップ(e-SHIMANTO)の変更を行ってきたのですが、どうしても4月1日OPENが間に合わず、苦肉の策として3月30日12:00より一時運営を中止する事とになってしまいました。

 ご利用頂く多くの皆様にご迷惑をおかけする事となってしまいますがご了承下さい。

何とも情けない話なのですが、

当初は、今回発売する「夢音香ブランド商品」については一昨年の暮れから準備を進めてきて、昨年の12月には発売予定としていたのですが、どんどん発売日が遅れてしまいました。
 また、昨年10月からスタートした「かぐや姫ブランド商品」も先月の地域連携ボードミーテイング 〜マーケティング カンファレンス(地域の産業振興)〜(2月24日)発表会に何とか商品を完成させ無事終了する事が出来たのですが、ネットのホームページの変更とショップ(e-SHIMANTO)の変更がどうしても間に合わない状況となってしまいました。

 近日中にサイトの更新を行いe-SHIMANTOのリニュアルOPENを行いますので

暫くお時間を頂けると幸いに思います。

140328-02.jpg
リニュアル予定のe-SHIMANTOトップ画面イメージ


今まで以上に分かり易いネットショップの運営に繋げたいと思っています。

 大変申し訳ありませんが 宜しくお願い致します。

 
 
 
posted by エコル君 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月21日

かぐや姫プロジェクト 報告

 またもや更新が滞ってしまいました。大変申し訳ありません。
何とかこの忙しさも今週でほぼ終了します。次回以降、小まめに更新しますので宜しくお願いします。

 すっかり春めいてきた四万十川中流域です。
高知市では桜の花の開花宣言も先日行われました。昨日も高知市に出張していたのですが
四万十川の山の中と比べると非常に暖かく感じました。
 ただ、全国的に見ると東北や北海道では風が強く寒くなっているようでまだまだ冬の名残が残りそうですが・・・

 さて、今回は前回のブログの続きで「かぐや姫プロジェクト 報告」となります。
本来は2月24日の会議終了後、26日に記入予定で写真の準備をしていたのですが、全く手が回らず今日まで延び延びとなってしまいました。今日は最後まで何とか記入しますので宜しくお願いします。

 2月24日のこの会議には、エコロギー四万十の井原副社長(取締役)と現在大阪に在住の相談役(取締役)坂本先生(高知工科大学名誉教授)の3名で参加しました。
会場の準備やセッティングは今回の補助事業でお世話になった大阪の株式会社エーダッシュさんにお世話をおかけし、完全におんぶにだっこのいつものような「人任せ」状態ではあったのですが・・・・
本当に 感謝 感謝 です。

140226-01.jpg
(第一部の「地域連携ボードミーティング」来賓の内閣府大臣官房審議官 舘逸志氏)
(地域振興の現状と課題、展望)


 ボードミーティングは「マーケティングカンファレンス(地域の産業振興)」と言うテーマで熊本県、熊本県合志市など地域の取り組みや現状の課題発表なども踏まえた会議となりました。
 ここでも、エコロギー四万十はいつものようにぶっつけ本番で打ち合わせも無くパワーポイントの内容もお任せでペラペラと薄ペラい話しだけすると言う醜態ぶりでしたが、皆様のおかげで何とか乗り切る事が出来ました。


140321-01.jpg  140226-02.jpg
「かぐや姫の残り香」商品発表会


 第一部会議終了後、会場を変えて「かぐや姫の残り香」商品発表会と歓談(小パーティー)を行いました。
多くの皆様にお集まり頂け非常に和気あいあいと楽しい会となりました。
ここでのエコロギー四万十の挨拶は、少しアルコールも入りリラックスできて、四万十川のPRも忘れる事も無く何とか乗り切る事が出来ました。
 多くの皆様と、名刺交換を行ったので最後の方は名刺が切れてしまい大変失礼しました。
準備が悪いのもいつものエコロギー四万十ですが・・

140226-03.jpg  140226-04.jpg
お酒も入り少しリラックスできて楽しい会になっていました


 やはり高知県人です。少しお酒が入るといつもの調子が出て・・
後になって、皆様に失礼があったのではないかとトキドキではあるのですが・・

 今回発表した新商品への反応も良かったように感じました。
ギリギリまで各商品の準備が間に合わず多くの皆様にご迷惑をおかけしました。
ここでも、感謝 感謝です。

140226-05.jpg
香りのデザイン研究所 吉武利文氏とかぐや姫美術館 加藤慈然館長との対談


 今回発売する「かぐや姫の残り香」の「かぐや姫物語」にちなみ「橘、匠。デザイン」についてレクチャーして頂きました。
エコロギー四万十の「夢音香(ゆめおとか)ゆず精油」が何故「かぐや姫の残り香」の香りになったかは、高知大学農学部 沢村正義名誉教授のご研究によるところもあります。
以前にも記入したのですが、日本最古の柑橘は「橘(たちばな)」と言われています。その後「だいだい」や「ゆず」と言う事になるのですが、今回の補助事業は海外への展開を視野に入れたものなので「日本最古の物語」と言われる「かぐや姫物語」の香りを作るとすれば「橘」どうように日本に古くから存在し産業として現存する「柚子の香り」と言う話しになったのです。柚子の香りはご存じのとおり今や世界ブランドでもあります。
 アメリカや欧州各国・ロシア・東南アジアまで広く知られた香りとなります。

日本一の柚子産地でもある高知県から
  世界に向けて「かぐや姫の残り香」が広がれば面白いのですが・・

140321-02.jpg
夜景の東京タワー


 今回の補助事業は2月26日に最後の報告会(アドバイザリーボード)が東京タワースタジオ内で行われました。残念ながらエコロギー四万十は出席出来なかったのですが・・・

 最終報告会も終了して

次のスッテプへと進んで行きます。

 3月29〜30日に大阪のATCホールで開催される「癒しフェア(2014OSAKA)」に参加予定です。

次回、「癒しフェア(2014OSAKA)」についてのご案内と

エコロギー四万十が今回新たに発表する

「かぐや姫ブランド商品」 「夢音香(ゆめおとか)ブランド商品」PRさせて頂きます。

次回も読んで頂けるとありがたいです。

ブログ記入が遅れ遅れになっていますが 次回も宜しくお願い致します。

 
 
 
posted by エコル君 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月21日

かぐや姫プロジェクト、


 今朝は放射冷却の影響か凄く冷え込んだ四万十川中流域です。
昨日は晴天で気温も上がり春のような陽気でしたが、今朝は一転気温が下がり非常に冷え込みました。
ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)・小夏オイル(こなつオイル・こなつ精油・日向夏オイル)抽出の仕込時にも冷却水配管の凍結でお湯を持って走り回っていました。
(お待たせした小夏オイル(こなつオイル・こなつ精油・日向夏オイル)の抽出もスタートしました。)
今の天気は快晴になって日中は暖かくなりそうですが・・・

 いよいよ明日はエコロギー四万十の第16期株主総会の日となります。
住民株主の皆さんにお集まりいただき平成25年度の事業報告や決算報告を行う予定となっています。今年も昨年に引き続き少し業績が良かったので何とか顔向けができるのですが、
貧乏会社のエコロギー四万十の事です。まだまだ本来の目的達成には時間がかかりそうです。

 ただ、救われるのは一昨年12月から準備を進めていたエコロギー四万十の新商品(夢音香(ゆめおとか)ブランド)のお披露目も何とかできるようになり、少しホッとしている部分もあります。
株主の皆様、明日は宜しくお願い致します。

140218-01.jpg
新商品用のポスター
(夢音香ブランド商品に関しては後日詳しく記入予定としています)



 さて、本日のテーマ「かぐや姫プロジェクト、」についてです。
この話も少しばかり記入してきた事ですが、
昨年の10月よりスタートした経済産業省事業(事業実施機関:パソナテック)平成25年度「クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業(プロデューサー人材派遣等事業)」がいよいよ最終盤になって来ました。

この事業は、日本の商材を海外へ紹介したり・販売したり、また海外から来て頂いたりとする事をプロデューサーと呼ばれる方や専門家の皆様のお知恵を借りて商品化を進めたり・販路を作って行ったりする事業です。

 今回多くの皆さんのお力添えの元「かぐや姫プロジェクト」で何種類かの製品を作る事が出来ました。

140221-02.jpg
かぐや姫プロジェクト商品群


 基本になっているのは「夢音香ゆずエッセンシャルオイル」の香りなのですが、
アロマのエッセンシャルオイルでは一般の皆さんでは少し利用しづらい部分があり今まであまりPRも営業もしていませんでした。特許製法でもある「超音波印加型減圧水蒸気蒸留法」抽出による100%天然のユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)は不純分がほとんど含まれていないため、酸化が早く取り扱いが悪いと直ぐに香りが変質すると言う欠点があり、多くのリクエストを頂きながら店舗販売等は自粛していたのです。

 今回は、高知大学農学部 柏木丈拡准教授のアドバイスを受け入れ
0.01%天然ビタミンE(トコフェロール)を転嫁して酸化を防ぐと共に、精油の充填時に窒素を利用してより良く精油の状態が保てる商品を作りました。
 ただ、0.01%と言ってもゆず精油以外の成分を利用するのでエッセンシャルオイルと言う表現は出来ないであろうと言う事で、新たに「香りの精(かおりのせい)」と呼ぶようにしました。

 これで、一般の皆様にももう少し利用しやすい柚子の香りが出来たと思っている所です。

140221-01.jpg
かぐや姫プロジェクトのPRパンフレット


かぐや姫商品のお披露目は、以下の日程で大阪で行う予定です。
地域連携ボードミーテイング 〜マーケティング カンファレンス(地域の産業振興)〜
■主 催/かぐや姫ファンタジー制作委員会
■日 時/2014年2月24日(月)13:45〜16:20
■会 場/住友クラブ3F多目的ホール:大阪市西区江戸堀1丁目13-10成泉ビルディング
(地下鉄四つ橋線肥後橋下車B番出口・リーガ中之島イン南隣)

 関西地区の皆様、お時間があれば是非お誘いあわせの上ご来場ください。

私達が知恵を凝らして作った「和の香り」PR商品の完成です。

日本最初の柑橘と言われる「橘(たちばな)」も利用しました。

 海外の皆さんにも喜んで頂けるようなものになっていれば良いのですが・・・

歩みの遅いエコロギー四万十ですが

 徐々に徐々に 和の香りを  世界に届けたいと思います。

皆様、今後とも宜しくお願い致します。

 
 
 

posted by エコル君 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月18日

ダイダイオイル抽出、、



 今日も寒い一日となっている四万十川中流域です。
昨夜から冷たい雨も降っていて、雪にはならないのですが非常に寒く感じられます。
先週からの天気の関係で各地に雪害も多く発生したようです。お見舞い申し上げます。

 この冬の四万十川中流域は一度も雪は積もっていないのですが、雪の舞う日は多かったようにも思います。まだまだ寒い日が続くと思われますので  皆様、お身体ご自愛下さい。

 さて、このブログも
2月に入って何度か記入を試みたのですが、結局記事がまとまらず更新が延び延びとなってしまいました。
今日こそは、最後まで記入したいと思いますので宜しくお付き合いください。

 前回このブログを記入したのが、1月最後の日ですから今日までの主な出来事をご報告したいと思います。

 1月の後半から2月初旬にかけては、平成25年度の決算資料の作成や26年度の事業計画を含めた株主総会資料作りにバタバタしていました。予定より少し遅れたのですが、2月12日に株主の皆さんへの株主総会ご案内と総会用資料の発送を何とか完了しました。

 その間にも、遅れているエコロギー四万十の新商品発売に向けての準備や、このブログで何度か記入している「かぐや姫プロジェクト」の商品づくりも重なり目の回るような忙しさでした。

 また、現在実施中の「ふるさと雇用事業」のヒアリングがあったり、高知市内への出張や会議も重なりテンヤワンヤの状態になっていました。(来社見学の皆さんも2件ありました)

ご迷惑をおかけした皆様、いつものようにバタバタで申し訳ありませんでした。

 さて、今回はもう少し早くに掲載予定であった「ダイダイ(橙オイル・だいだいオイル)精油抽出、」の話しです。

 以前にも記入したとおり、今年はユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)のご注文を多く頂き、昨年11月からフル稼働で植物精油抽出を行ってきたのですが、2月に入り例年どおり他の柑橘類の植物精油抽出がスタートしました。

 今週初めに来社見学された方にもお話ししたのですが
「ユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出だけでは蒸留装置を休ます事が多くなるので、若干季節が変わる橙・ポンカン・小夏・文旦・レモンなどの果皮油も抽出しています。また、生姜やその他委託を受ける相手先の植物からの精油抽出も行って装置の稼働率を上げている所です。」と言うのが今のエコロギー四万十の実態になっています。

 ただ、昨年や今年のように植物精油のご注文が多く頂けるとスケジュール調整が非常に厳しくなってきて会社内はいつもバタバタになってしまう状況で嬉しい悲鳴状態も少し問題とは思うのですが・・・

 さて、さて、ダイダイオイル(橙オイル・だいだい精油)

140208-01.jpg  140208-02.jpg
精油抽出原料となるダイダイ果皮


 エコロギー四万十としては珍しく、高知県産では無いダイダイ果実の果皮を利用しています。
もともと、前回記入した日本最初の柑橘と言われる「橘(たちばな)」の精油抽出を行いたかったのですが、なかなか橘(たちばな)の果皮は集まりそうになかったのでその次に古い柑橘類と言われる「橙(ダイダイ)」を抽出する事になったのです。
 
 ただ、残念がら高知県内には橙(ダイダイ)の生産はあまり多くなかったので愛媛県産の橙(ダイダイ)果皮を利用させて頂いています。(国産れもん(レモン)も愛媛県産です)
私が子供の頃には四万十川中流域にも橙の木は多く見かけたのですが、今は全く見ることは無くなっています。愛媛県や九州では今でも多く栽培されており、果汁は「焼き肉のタレ」にもなっているそうです。

 今年も良きダイダイオイル(だいだい精油)を抽出する事が出来ました。
ご協力頂きました皆様、ありがとうございます。

 ダイダイオイル(だいだい精油)の抽出が終わったら、次は小夏オイル(コナツオイル・こなつオイル・小夏精油)の抽出を行う予定としています。その後は国産檸檬(レモンオイル・れもんオイル・れもん精油)と続いていきます。

 上記で記入した、エコロギーの新ブランド商品と「かぐや姫プロジェクト」商品

近日中にはお披露目したいと思っています。

2月22日(土曜日)は第16期エコロギー四万十株主総会です。株主の皆様にはその席上でお披露目予定としています。

2月24日(月曜日)大阪で「かぐや姫プロジェクト」のお披露目です。

皆様、宜しくお願い致します。

 
 
 

 
posted by エコル君 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月31日

早くも1月終了、、


 またまた、更新が滞りました。申し訳ありません。
気づいてみれば今日で1月も終了となります。本当にあっと言う間の1か月でした。

 今日の四万十川中流域は、朝から春のような一日になっています。
今朝出勤時の気温は11度と非常に暖かく、今の研究室(工場とは名乗っていません)の気温は20.9℃、日の当たる事務所内は25℃を超える気温になっていると思われます。

 昨日は、朝から雨で
朝のユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出のための仕込時に、もの凄く大きな音の雷が鳴りました。1月にあんなに大きな雷は記憶にない所ですが、翌日の今日の気温が20℃を超える晴天と言うのも非常に興味深いものです。

 さて、近況の報告です。
前回記入したブログが、今年の仕事始めですからそれ以来の大まかな出来事を記入したいと思います。

年明けの6日の週は、

140131-03.jpg
新しくできた冷凍庫と研究室A/B


 昨年末の12月24日の強風で壊れてしまった研究室入り口のシャッター修理が間に合わず、寒い風が吹き込む1月6日からユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出をフル稼働でスタートし、1月8日には今年最初の柚子果皮10tが届きました。1月9日には現在進めている「かぐや姫プロジェクト」の打ち合わせ会議を高知県産業振興センターさんの会議室をお借りして新年の挨拶と共に行いました。
1月11日には今年最初の来社見学の方が「屋久島」からお見えでした。

続く13日の週は、

140131-02.jpg
残差処理・排水処理研究用の傾斜土層とポリタンクなど・・

14日から産業振興センターさんや役場支所との打ち合わせ会やかぐや姫プロジェクトの最終の商品制作準備にバタバタとして、1月17日には再びゆず精油原料の柚子果皮が10t届きました。

1月20日の週は、

140128-01.jpg  140128-02.jpg
初めて植物精油抽出にチャレンジした橘(タチバナ)果実


 出張の重なる週となり
1月21日には高知市出張で留守の間に、やっと遅れていた研究室入り口のシャッター取り換え工事が終了し、翌22〜23日は経理担当の副社長と2名でいつもお世話になる徳島県の企業様にお邪魔してお知恵を頂き、24日は静岡県の戸田森林組合さんにご協力頂き、念願であった「橘(タチバナ)精油抽出」を高知県工業技術センターさんの蒸留装置をお借りして行いました。
日本最初の柑橘と言われる「橘(タチバナ)」からの植物精油抽出実験は4回減圧度を変更して行い、残りの2回はエコロギー四万十の中型実験機で2回抽出実験を行いました。思った以上に種が多かったので今回は気に入った香りを抽出できなかったのですが、来年チャンスがあればもう一度チャレンジしたいと思っています。ご協力頂く皆様、来年も宜しくお願いします。

 1月最後の週となった今週(27日の週)は、

140131-01.jpg
坂本名誉教授(相談役)に依頼されたエコロギー四万十の全景(1月28日)


月曜日から水曜日まで3日連続で別々の皆様が来社見学となり色々なお話しを聞く事が出来ました。
また、後半の昨日と今日は昨年度の決算資料の最終の確認と打ち合わせ、エコロギー四万十の新商品最後の詰めとかぐや姫プロジェクトの発表会に向けた準備にバタバタとなっています。

 何とも慌ただしかった1月ですが、お陰様で何とか乗り越える事が出来ました。

ただ一点、腹立たしかった事がありました。
 送った荷物が到着指定日になってもまだ高知県を出ていなかった事が分かった時は非常に驚きました。いつもはクロネコヤマトさんを利用しているのですが、この荷物は少し重量が重かったため別の運送会社に依頼したのですが、送り先からの電話があるまでこの出来事に気づきませんでした。

 直ぐにネットで荷物の行方を調べてみると、上記でも記入したように高知県内の荷物集荷箇所に残っていたのです。
早速、取り扱いの事業者に電話を入れてみると相手の回答は「土日は人が少なく今週は荷物が多かったので遅れなかった」との回答です。ムムム、、頭に来たぁ〜〜

 電話向こうの主に頭にきながら冷静を保ちながら
こちらから「荷物が指定日に届かない時の補償などはあるのでしょうか」と低姿勢に聞くと

相手は「〇〇運輸には遅延の保証は無い」との回答です。

当然こちらは「今回の場合、荷物が到着予定日に集荷場から送られていないのですから遅延・事故対象でもないのではないですか??」と聞き返しました。

相手の答えはシドロモドロトなり、段々訳の分からない方向に・・・

結局、何も解決せず

翌日に、高知支社に電話を入れ 詳細を話して事後処理の可能性を検討しました。
(ここでも凄く驚きました・・)

高知支社で最初に出た女性の方の電話の応対、、、
 今時信じられないくらいチャラチャラと相手を無視した話し方にここでも頭にきて、
少し落ち着いて「配送処理での事故等が対応できる上司の方に繋いでください」とお願いしました。

対応に出てくれた方は、少し客対応が慣れていたようですが、
ここでも思ったとおり、今回の件の報告も上がっていなかったようです。

今後どうなる事やら・・

 2月も忙しい月になる予定です。
来週からは橙(だいだい)・小夏(こなつ)の植物精油抽出がスタートします。また、今年も依頼を受けている愛媛県の柚子からの抽出も予定されています。

第16期株主総会は2月22日の予定です。
24日には、今回のかぐや姫プロジェクトの発表会も予定されています。

次回ご案内が出来るようであればお知らせいたしますので、ご興味のある皆さんはご参加頂けると幸いです。場所は大阪で行う予定となっています。

 ご期待ください。

 平成26年も皆様にご迷惑をおかけする事が多いとは思われますが、、

田舎の貧乏会社 エコロギー四万十 今年も宜しくお願い致します。

  
 
posted by エコル君 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月06日

2014年スタート


 あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
本日よりエコロギー四万十本体のスタートです。

 今日の四万十川中流域は-2℃と非常に寒い朝でしたが日中は風も無く良い天気になっている所です。

140106-01.jpg
1月6日13:30頃


 皆様、良きお正月をお迎えでしたでしょうか??
今回の正月休みは暦の並びも良く多くの皆さんが長期の休みとなったと思われます。

エコロギー四万十では、オートキャンプ場ウエル花夢の運営やe-SHIMANTOの運営などもあり全員が一斉に休みとなる事は無いのですが、今年のお正月はお天気にも恵まれ良き休みになったと思われます。

 四万十川オートキャンプ場ウエル花夢も例年どおり大晦日の31日から元旦にかけてのキャンパーの皆様のご利用もあり少し賑やかな年の始めでした。
 我が家も2日にはウエル花夢ケビンを利用させて頂き、帰省した実兄家族で2棟を借り上げ利用させて頂きました。

 オートキャンプ場ウエル花夢は、地元の皆さんにはこのように年祭や行事・正月に帰省されるご親族に利用して頂くと言う利用形態も今後もっとPRしていきたいと思っている所です。(地域の皆様宜しくお願い致します)

 さて、本日より本格的にスタートしたエコロギー四万十ですが
朝のユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)抽出の仕込を終わってから、初出荷の準備をしました。昨年に引き続き年初めから精油類の出荷があるのは非常にありがたい事です。

140106-02.jpg
今日の初荷(一部海外への出荷も含まれています)


 また、仕事始めの午前中には早速、何か所かのご注文を頂きました。
今年も仕事始めの初日から幸先の良い出足になっている所です。ありがとうございます。

 今年はこれより、新商品の発売・ホームページのリニュアル・ネットショップ(e-SHIMANTO)のリニュアルと続いていく予定となっています。何とか今月中にはこの部分を完了したいと思っている所です。

 また、昨年頂いた経済産業省の補助事業も2月末までとなっています。1月後半には発売予定の「かぐや姫の残り香」商品作成を完了したいと思っています。2月には成田や羽田の国際線で販売できるようになれば良いのですが・・

140106-03.jpg
午前中に抽出したゆず精油


 今日は年初からユズオイル(柚子オイル・ゆずオイル・ゆず精油)1日3回の抽出予定としています。この状況は今年6月後半まで続くスケジュールを組んでいる所です。昨年、色々と話しを頂いた柚子の香りを使った各種商品が本格的に動き始めても対応できるよう、年初からフル稼働予定としている所です。

 また、ご見学のご要望も年末から色々な皆様に頂いています。
出来る範囲で対応させて頂く予定ですが、何分、冬は非常に寒い所ですので防寒対策は宜しくお願いしたいと思います。また、こちらでご宿泊可能な皆様は、少し寒いのですがオートキャンプ場ウエル花夢ケビンを手配させて頂きます。柚子蒸留水を利用したゆず風呂で体を温めて頂けると幸いです。

 さて、さて、

 今年は本当に忙しい年になりそうな雰囲気です。

今朝のミーティングでスタッフ一同と話しました。

皆様にご迷惑をおかけしないように今年も全力で様々な取り組みに

  前向きに進んで行く事を、、

何とか今年を乗り切れれば道は開けてくると思っています。

 まだまだ未熟な田舎の貧乏会社 エコロギー四万十ですが、

本年も是非、気長にお付き合い頂けると幸いです。

 また、皆様にとっても平成26年(2014年)が 良い年でありますように・・・


 
 
 



 
posted by エコル君 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記